• 用語解説

ここから本文です。

国際出願促進交付金の交付申請手続

2019年3月

国際出願促進交付金交付要綱(以下、交付要綱)に基づき、中小企業等を対象とした国際出願に係る手数料(国際出願手数料、取扱手数料)について、国際出願促進交付金(以下、交付金)の交付措置を講じます。

目次

  1. 交付金制度の対象者・措置内容
  2. 交付申請手続
  3. 交付金の交付
  4. その他

1. 交付金制度の対象者・措置内容

2019年4月1日以降に特許庁が受理する交付金交付申請に係る国際出願手数料・取扱手数料の交付金制度の対象者と措置内容は以下のとおりです。

なお、対象者が申請日において満たしている必要のある要件詳細については、対象者毎のページ(以下、<対象者・措置内容一覧表>の対象者名からリンク)をご参照ください。

<対象者・措置内容一覧表>
交付対象者 措置内容
中小企業(会社)

<出願時>
● 国際出願手数料:1/2に相当する額を交付

<予備審査請求時>
● 取扱手数料:1/2に相当する額を交付

中小企業(個人事業主)
中小企業(組合・NPO法人)
中小ベンチャー企業(法人・個人事業主)

<出願時>
● 国際出願手数料:2/3に相当する額を交付

<予備審査請求時>
● 取扱手数料:2/3に相当する額を交付

小規模企業(法人・個人事業主)
研究開発型中小企業(法人・個人事業主)

<出願時>
● 国際出願手数料:1/2に相当する額を交付

<予備審査請求時>
● 取扱手数料:1/2に相当する額を交付

アカデミック・ディスカウント(大学等、大学等の研究者)

<出願時>
● 国際出願手数料:1/2に相当する額を交付

<予備審査請求時>
● 取扱手数料:1/2に相当する額を交付

独立行政法人
公設試験研究機関
地方独立行政法人
承認TLO
試験独法関連TLO
福島復興再生特別措置法の認定重点推進計画に基づいて事業を行う中小企業(法人・個人事業主)※

<出願時>
● 国際出願手数料:3/4に相当する額を交付

<予備審査請求時>
● 取扱手数料:3/4に相当する額を交付

※ 現在、記事を作成中です。記事が準備出来次第、公開いたします。この対象者での減免を受けることをご希望の方は、本記事下方の「交付金交付対象者の要件に関するお問い合わせ」(特許庁総務課調整班)までご連絡・ご相談ください。

2. 交付申請手続

2019年4月1日以降に交付金の交付申請を行う場合は、所定の申請期間(後述)に交付金交付申請書を提出してください。交付金交付申請書に必要事項を記載することで、証明書類の提出は不要となります。

(1)申請期間

交付金の申請は、以下に記載の期間内にそれぞれ行う必要があります。

国際出願手数料の場合

取扱手数料の場合

(2)申請方法

上記申請期間内に、国際出願促進交付金交付申請書に必要事項を記入の上、出願課国際出願室受理官庁に持参または郵送にて提出してください。(オンラインでの申請はできません。)

共同出願で、出願人の中に複数の申請者が含まれる場合も、国際出願手数料及び取扱手数料についての交付申請書は各1通です。(交付申請する者ごとの申請ではなく、1つの申請書でまとめて手続します。)

<交付申請額の計算方法>

単独出願の場合

納付済の国際出願手数料又は取扱手数料に、対象者ごとに規定されている交付割合(上記1. 「交付金制度の対象者・措置内容」の<対象者・措置内容一覧表>の「措置内容」参照)を乗じて交付申請額を算出します。

  • 例:申請者A(中小ベンチャー企業、交付割合2/3)の国際出願手数料(154,000円)の交付申請額の算出
    154,000 × 2/3 = 102,666.666… → 102,660円
    (計算の結果、端数が生じる場合は、10円未満を切り捨てます)
共同出願の場合

共同出願人ごとに交付割合に応じた交付額にその持分の割合を乗じて得た額を合算して得た額となります。

  • 例:申請者A(中小ベンチャー企業、交付割合2/3、持分1/2)と申請者B(公設試験研究機関、交付割合1/2、持分1/2)の共同出願案件の国際出願手数料(154,000円)の交付申請額の算出
    申請人A(154,000 × 2/3 × 1/2) + 申請人B(154,000 × 1/2 × 1/2)
    = 申請人A(154,000 × 1/3)+ 申請人B(154,000 × 1/4)
    = 154,000 × 7/12
    = 89,833.333… → 89,830円
    (計算の結果、端数が生じる場合は、合算後、最後に10円未満を切り捨てます)

(3)交付申請書の様式(フォーマット)

A. フォーマット(Excel形式)

出願人構成、手続者に応じて、以下のフォーマット(Excel形式)をご利用ください。

1 単独出願の場合
2 共同出願の場合
申請者(交付対象者)が1名の場合
申請者(交付対象者)が2名の場合

※フォーマット(Excel形式)の構成
上記の各Excelファイルには以下のシートが含まれます。

  • シート1:ファイルの説明
  • シート2:申請書フォーマット
  • シート3:申請書記載例
  • シート4:要件一覧
  • シート5:交付申請額計算ツール
  • シート6:チェックリスト

B. フォーマット(Word形式)

上記A. のパターンに当てはまらない場合(例:申請者が3名以上の場合)は、上記A.「フォーマット(Excel形式)」の(v)又は(vi)を加工(行を挿入)するか、以下(vii)のフォーマット(Word形式)をご利用ください。

※ Word形式のフォーマットをご利用いただく場合も、Excel形式フォーマットの記載例、交付申請額計算ツール、チェックリストのご利用をお勧めします。

(4)提出先

〒100-8915 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号
特許庁出願課国際出願室受理官庁

3. 交付金の交付

申請書の審査結果は、『国際出願促進交付金交付決定通知書』(PDF:109KB)で通知します。申請書の記載内容に不備などがなければ、概ね1か月程度で通知を行う予定です。

4. その他

(1)国際出願促進交付金交付要綱

国際出願促進交付金交付要綱の内容については、「国際出願促進交付金交付要綱」(PDF:212KB)をご参照ください。

(2)国際出願促進交付金制度QA

国際出願促進交付金制度のQAについては、「国際出願促進交付金のQA集」(PDF:472KB)をご参照ください。

(3)国際出願に係る手数料の軽減措置

国際出願に係る手数料のうち、送付手数料、調査手数料及び予備審査手数料を対象とする軽減制度の2019年4月1日以降の措置内容につきましては、「国際出願に係る手数料の軽減措置の申請手続(2019年4月1日以降に国際出願をする場合)」をご参照ください。

(4)中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等外国出願支援事業)

中小企業を対象に、特許協力条約に基づく国際出願の国内移行にかかる費用(弁理士費用等も含む)の半額を助成する補助金の制度もあります。この補助金では、パリ条約、マドリッド協定議定書等に基づく外国特許庁への出願にかかる費用についても補助対象となります。詳細は「外国出願に要する費用の半額を補助します」ページの「中小企業知的財産活動支援事業費補助金(中小企業等外国出願支援事業)」をご覧ください。


[更新日 2019年4月12日]

お問い合わせ

国際出願促進交付金の制度及び手続全般に関するお問い合わせ

特許庁審査業務部出願課国際出願室受理官庁

TEL:03-3581-1101 内線:2643

お問い合わせフォーム

 

交付金交付対象者の要件に関するお問い合わせ

特許庁総務部総務課調整班

TEL:03-3581-1101 内線:2105

お問い合わせフォーム