• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 手続一般> 出願> 出願窓口> 窓口での手続きに関する情報> 書面手続の電子化処理の遅延について

ここから本文です。

書面手続の電子化処理の遅延について

特許庁では、出願人等から書面により提出された各種手続書類を、登録情報処理機関を活用して電子化することにより、特許庁内の事務処理の効率化、迅速かつ的確な知的財産権の権利付与及び特許情報の提供を行っています。
しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大防止のため発出された緊急事態宣言期間中の当該機関の職員の出勤抑制等により、電子化までの作業期間が最大2ヶ月程度と長期化しています。
そのため、電子化までの作業遅延の影響により、方式審査等の事務処理について通常以上の処理期間を要している場合があります。
出願人等の皆様にはご迷惑をお掛けしていますが、作業遅延解消に向けて処理を進めていますので何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
なお、電子出願での手続書類については、遅延等の発生はありません。

(参考)書面で手続する場合の電子化手数料について

[更新日 2021年3月26日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部出願課

電子記録基準管理班

電話:03-3581-1101 内線2762

FAX:03-3580-6901

お問い合わせフォーム