• 用語解説

ここから本文です。

オンラインでの事後指定(E-subsequent designation)

2014年7月

特許庁

国際意匠・商標出願室

  1. E-subsequent designationは、マドリッド制度のユーザーニーズに応える新しいWebベースのツールです。大部分の必須データ項目がシステムによって自動的に提供されるスマートフォームアプローチに基づいています。
  2. E-subsequent designationの使い方は簡単です;必要なことは、国際登録番号を入力し、事後指定の対象となる締約国を選択し、商品・役務(国際登録に含まれる全部又は一部の商品・役務のみ)を入力、クレジットカード又はWIPO当座口座により手数料を支払います。
  3. E-subsequent designationをWIPOに提出した場合、Eメールに従って、ユーザーは確認画面から受領通知を直ちに受信します。
  4. 以下に該当する場合は、紙様式のMM4(Designation Subsequent to the International Registration)の使用が必要となりますので御注意ください;
    • 法人格や標章の翻訳のように、国際出願時に記載しなかった特定の項目の記載を求める場合、
    • 更新や変更、一部取消しが記録された後に事後指定が記録されることを要求する場合、
    • 同時に、代理人を選任する、又は、電子通信(e-communications)の登録を希望する場合、
    • 名義人の締約国官庁を通して事後指定を提出する必要がある場合(アルジェリアが事後指定対象又は名義人の締約国官庁である場合)。
  5. さらに、切替(conversion)から生じる事後指定の場合、依然としてMM16(Subsequent Designation Resulting from Conversion(European Union))紙様式を使用する必要があります。
  6. E-subsequent designationに関するビデオチュートリアルは、次のアドレスから利用できます。
    http://www.wipo.int/madrid/en/video/osd.html(外部サイトヘリンク)
  7. E-subsequent designation は、次のアドレスから利用できます;
    https://www3.wipo.int/osd/(外部サイトヘリンク)
    または、Madrid Portfolio Manager (MPM)(https://www3.wipo.int/login/en/mpm/index.jspand)を介して利用することも可能です。

2014年7月8日

原文:E-subsequent designation is now available (MADRID/2014/8)

参照:http://www.wipo.int/madrid/en/notices/(外部サイトへリンク)

[更新日 2014年7月18日]

お問い合わせ

特許庁国際意匠・商標出願室

電話:03-3581-1101 内線:2671, 2672

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム