• 用語解説

ここから本文です。

証明及び抄本サービスに関する措置(参考訳)

  1. 2020年3月31日付け通知番号2020/12において、WIPO国際事務局は更なる通知があるまで証明及び抄本書類は電子的手段でのみ送付され、認証等のサービスを停止することを案内した。
  2. WIPO国際事務局は、2020年3月31日から7月12日の間に依頼された国際登録証明書及び更新証明書の写し、認証及び抄本の詳細版の紙媒体を郵送することを通知する。さらに、2020年7月13日以降、国際WIPO事務局は、認証及び早期発行のサービスを再開する。
  3. さらにWIPO国際事務局は、2020年7月13日以降、国際登録証明書及び更新証明書の写し、認証及び抄本の詳細版をポータブルドキュメント(PDF形式)として電子的手段でのみ提供することを発表する。
    WIPO国際事務局は、上記文書の紙媒体での郵送の希望がある場合のみ郵送する。WIPO国際事務局は、認証されたすべての文書は引き続き郵送する。
  4. 更なる情報は、以下のマドリッドオンラインサービスを通してWIPO事務局へコンタクトをとることが可能。
    https://www3.wipo.int/contact/en/madrid/(外部サイトへリンク).

2020年7月13日

[更新日 2020年7月16日]

お問い合わせ

特許庁国際意匠・商標出願室

電話:03-3581-1101 内線:2671,2672

FAX:03-3580-8033

お問い合わせフォーム