審決


不服2018-650065

Route de Pau - Lieu Dit le Gabarn F-64400 OLORON-SAINTE-MARIE (FR)
 請求人
P.H.M. - PHILIPPE MORISSE SAS
  
大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー12階 特許事務所イノベンティア
 代理人弁理士
前田 幸嗣
  


 
  
 国際登録第1100004号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。



 結 論
  
 原査定を取り消す。
 本願商標は、登録すべきものとする。



 理 由
  
 1 本願商標
 本願商標は、「PLIFIX」の欧文字を横書きで表してなり、第19類に属する日本国を指定する国際登録において指定された商品を指定商品として、2016年(平成28年)7月7に国際商標登録出願(事後指定)されたものである。
 その後、指定商品については、当審における2019年(平成31年)2月21日付けで国際登録簿に記録された限定の通報があった結果、第19類「Ground marking consisting primarily of plastic designed to be buried in the ground [construction materials]; ground marking consisting primarily of plastic designed to be buried in the ground for field marking of sheets and strips for sports fields.」とされた。
 
2 原査定の拒絶の理由の要点
 本願の指定商品「Items consisting of a body designed to be buried into the ground and bearing synthetic filaments namely synthetic implants for ground marking.」は、その内容及び範囲を明確に指定したものとは認められない。したがって、本願は、商標法第6条第1項の要件を具備しない。
 
3 当審の判断
 本願の指定商品は、前記1のとおり限定の結果、その商品の内容及び範囲が明確なものとなったと認められる。
 したがって、本願が商標法第6条第1項の要件を具備しないとして本願を拒絶した原査定の拒絶の理由は、解消した。
 その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
 よって、結論のとおり審決する。


        令和 1年 9月 3日

     審判長  特許庁審判官 小出 浩子
          特許庁審判官 平澤 芳行
          特許庁審判官 庄司 美和

 
  
(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意)        特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。


〔審決分類〕T18  .91 -WY (W19)

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 1年 9月 3日  審判書記官  蓮池 睦人