審決


不服2020-650003

8717 W 110th Street, Suite 300 Overland Park KS 66210(US)
 請求人
ProPharma Group Holdings, LLC
  
東京都江東区東陽5丁目29番3号 住友不動産第2東陽ビル4階 わかば国際特許事務所
 代理人弁理士
宮崎 昭夫
  


 国際商標登録第1406149号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。



 結 論
  
 原査定を取り消す。
 本願商標は、登録すべきものとする。



 理 由
  
1 本願商標
 本願商標は、「PROPHARMA」の欧文字を書してなり、第35類、第42類、第44類及び第45類に属する日本国を指定する国際登録において指定された役務を指定役務として、2017年(平成29年)8月11日に米国においてした商標登録出願に基づいてパリ条約第4条による優先権を主張し、2018年(同30年)1月3日に国際商標登録出願されたものである。
 その後、その指定役務については、2019年(令和元年)12月27日付けで国際登録簿に記録された限定の通報があった結果、別掲のとおりの役務となったものである。
 
2 原査定の拒絶の理由
 原査定は、「本願商標は、登録第5074941号商標(以下「引用商標」という。)と類似の商標であって類似の役務について使用をするものであるから、商標法第4条第1項第11号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。
 
3 当審の判断
 本願の指定役務は、前記1のとおり、限定された結果、引用商標の指定役務と類似の役務はすべて削除されたと認められるものである。
 その結果、本願の指定役務は、引用商標の指定役務と類似しない役務となったと認められるものである。
 したがって、本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定の拒絶の理由は解消した。
 その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
 よって、結論のとおり審決する。


        令和 2年 4月 1日

     審判長  特許庁審判官 中束 としえ
          特許庁審判官 板谷 玲子
          特許庁審判官 黒磯 裕子

 
 
別掲(本願の指定役務)
第35類「Business information and business consulting services, namely, providing business advisory services to identify, screen, and select contract manufacturing organizations to contract and build medical and pharmaceutical products and devices; providing business advisory services to health care providers, namely, designing the administrative, financial and clinical workflows associated with value-based healthcare delivery models; providing business assistance to healthcare providers in the field of enabling communication and collaboration for the purpose of developing, implementing and evaluating patient care plans; business services, namely, tracking and monitoring regulatory requirements in the pharmaceutical, biotechnology, and medical fields for business purposes; maintaining files and records concerning the medical condition of individuals; maintaining personal medical history records and files; business consulting services in the medical, pharmaceutical, and biotechnology fields.」
第44類「Providing medical and pharmaceutical information services, namely, drug interaction information via call centers, adverse event reporting services for drugs and medical devices and product compliant reporting services for drugs and medical device; medical information; providing medical information, consultancy and advisory services; health care consulting, namely, aggregating clinical, claims, socioeconomic and behavioral health data for the purpose of improving healthcare providers' evaluation of health conditions and health risks with individual patients, cohorts of patients, and populations; health care consulting, namely, assessing patient and population health profiles using evidence-based medical guidelines for the purpose of improving healthcare provider treatment decisions at the point of care; providing information over a global computer network in the field of health care; providing medical information, consultancy, and advisory services, namely, providing healthcare providers, insurance companies, and healthcare product manufacturers with information and statistics regarding patient medication intake, schedule compliance, and health status.」
 
 
(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意)        特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。


〔審決分類〕T18  .26 -WY (W3544)

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 2年 4月 1日  審判書記官  木村 勝美