審決


不服2019-650053

Via Milano, 14 I-22070 APPIANO GENTILE (CO)(IT)
 請求人
SAATI SPA
  
大阪府大阪市都島区東野田町1-20-5 大阪京橋ビルディング4階
 代理人弁理士
吉川 俊雄
  


 国際登録第1391661号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について,次のとおり審決する。



 結 論
  
 原査定を取り消す。
 本願商標は,登録すべきものとする。



 理 由
  
1 本願商標
 本願商標は,「NANOMESH」の文字を横書きしてなり,第17類及び第24類に属する日本国を指定する国際登録において指定された商品を指定商品として,2017年10月9日にItalyにおいてした商標登録出願に基づいてパリ条約第4条による優先権を主張し,2017年(平成29年)10月17日に国際商標登録出願されたものである。
 その後,指定商品については,原審における平成31年2月8日付け手続補正書により,第17類「Polymeric membranes; waterproof packings (non-metallic); waterproof sealants made of rubber; waterproof packings; waterproof sealants; insulating materials; brake lining membranes [semi-finished products]; polyamide sequencing membranes as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; polyamide transfer membranes as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; cellulose transfer membranes as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; cellulose sequencing membranes as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; waterproof sealants made of vulcanized fiber; waterproof membranes of polymers (plastic semi-worked products); waterproof membranes of polymer for use in manufacture (plastic semi-worked products); sequencing membranes of polyvinylidene fluoride as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; cross-linked polymer membranes in the form of sheets; porous polymer membranes; polymers in the form of sheets; elastomeric polymers in the form of sheets for use in manufacture; transfer membranes of polyvinylidene fluoride as filtering materials[semi-processed forms or films of plastic]; semi-processed synthetic filtering materials and membranes; porous polymer membranes in the form of hollow fibers; transfer membranes in cellulose derivatives as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; cross-linked polymer membranes in the form of hollow fibers; sequencing membranes in cellulose derivatives as filtering materials [semi-processed forms or films of plastic]; semi-processed polymer resins; polymer films for use in manufacture; semi-processed polymer resins in the form of balls; semi-processed polymer resins in the form of tapes; semi-processed polymer resins in the form of plates; semi-processed polymer resins in the form of fibers; semi-processed thermoplastic polymer resins for use in manufacture; polymer films for use in the manufacture of electronic circuits; semi-processed thermoplastic polymer resins for use in the manufacture of balloon catheters; latex [rubber], gutta-percha, mica, raw and semi-processed and substitutes for all these materials; plastics and resins in extruded form for industrial use; materials for stopping and insulating; non-metallic and flexible hoses.」及び第24類「Filters of textile material; filtering fabrics; filtering materials of textile; filtering materials [textiles]; filter fibers [textiles]; fabric filtering materials; filtering materials [of textile]; piece textile material for the manufacture of industrial filters; fabrics; elastic fabrics; adhesive fabrics for application by heat; fabrics of imitation animal skins; woolen cloths; fiberglass fabrics for textile use; textile articles in general, namely fabric, household linen, sheets[textile], table napkins of textile, table linen [textile], tapestry[wall hangings] of textile, brocade, rigid cloth, cotton fabrics, damask canvas, linen cloth, flannel, jersey, rayon fabrics; silk, moleskin, crepe [cloth]; taffeta [cloth]; tulle; velvet, woolen fabric, zephyr, gummed fabrics, chiffon, chenille tissue; hemp fabrics.」となったものである。
 
2 原査定における拒絶の理由の要旨
 原査定は,「本願商標は,『NANOMESH』の欧文字を書してなるところ,その構成中『NANO』の文字が『ナノ,10億分の1,微小』等の意味を,また,『MESH』の文字は,『メッシュ,網目状の織物・編み物,網,網状組織』等の意味をそれぞれ有する語であり,本願商標全体として,『微小なメッシュ,微小な網状組織』ほどの意味合いを容易に把握,理解させる。そして,本願の指定商品を取り扱う業界において,『ナノメートルサイズのメッシュからなる商品』等が開発され,市場に流通している実情が見受けられる。そうすると,本願商標をその指定商品に使用しても,本願商標に接する取引者,需要者は,『微小な(ナノメートルサイズの)メッシュからなる商品』ほどの意味合いを認識するにとどまる。したがって,本願商標は,単に商品の品質を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標であり,商標法第3条第1項第3号に該当し,上記文字に照応する商品以外の商品に使用するときは,商品の品質について誤認を生ずるおそれがあるから,同法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定,判断し,本願を拒絶したものである。
 
3 当審の判断
 本願商標は,「NANOMESH」の文字を横書きしてなるところ,当該文字から,取引者,需要者が,原審説示の意味合いを想起する場合があるとしても,本願の指定商品との関係において,当該文字から直ちに商品の品質を認識するとはいい難い。
 そして,当審において職権をもって調査するも,本願の指定商品を取り扱う業界において,「NANOMESH」の文字が,商品の品質を表示するものとして,取引上,一般に採択,使用されている事実は発見できず,さらに,本願商標に接する取引者,需要者が,当該文字を商品の品質を表示したものと認識するというべき事情も発見できなかった。
 そうすると,本願商標は,その指定商品との関係において,商品の品質を表示するものということはできず,かつ,商品の品質の誤認を生ずるおそれがあるものということもできない。
 したがって,本願商標が商標法第3条第1項第3号及び同法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定は,取消しを免れない。
 その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
 よって,結論のとおり審決する。


        令和 2年 5月13日

     審判長  特許庁審判官 榎本 政実
          特許庁審判官 小俣 克巳
          特許庁審判官 浜岸 愛

 
(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意)        特許庁は,著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては,著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。


〔審決分類〕T18  .13 -WY (W1724)
            272

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 2年 5月13日  審判書記官  石井 亜希