審決


不服2020-650024

5042 Wilshire Blvd., #26878 Los Angeles CA 90036(US)
 請求人
HI LLC
  
大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト
 代理人弁理士
特許業務法人深見特許事務所
  


 国際登録第1402611号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。



 結 論
  
 原査定を取り消す。
 本願商標は、登録すべきものとする。



 理 由
  
1 本願商標
 本願商標は、「KERNEL」の欧文字を書してなり、第9類、第10類、第42類及び第44類に属する日本国を指定する国際登録において指定された商品及び役務を指定商品及び指定役務として、2017年7月13日に米国においてした商標登録出願に基づいてパリ条約第4条による優先権を主張し、2018年(平成30年)1月10日に国際商標登録出願されたものであり、その後、指定商品及び指定役務については、原審における平成31年4月15日付けの手続補正書及び2020年(令和2年)6月10日付けで国際登録簿に記録された限定の通報があった結果、最終的に、第10類「Medical devices for use in treating or diagnosing neurological conditions; medical devices, namely, implantable neuroprosthetics; neurophysiological implants made from artificial materials; medical devices and implants, namely, neurophysiology instruments used for recording and processing signals from human and animal nervous systems, electrophysiology equipment used for recording and processing electrical signals from human and animal subjects and neuroprosthetic devices designed to interface to human and animal nervous systems to restore lost function; implantable circuits featuring artificial intelligence technology for neurophysiology assessment.」、第42類「Scientific research; research and development of new technological and scientific products, treatments and techniques for others in the fields of neurology and cognitive behavior therapy; scientific research for medical purposes in the field of artificial intelligence; technology consultation and research in the field of artificial intelligence; technology research in the field of artificial intelligence; advanced product research in the field of artificial intelligence; consultation services in the field of neuroscience research, neural engineering, product research and development consultation in the field of neuroprosthetics.」及び第44類「Medical services; medical rehabilitation services in the field of neurology; providing neurological rehabilitation services; medical evaluation of neurological condition or neurological disease; medical testing for diagnostic or treatment purposes; medical testing for diagnostic or treatment purposes in the field of neurology; medical diagnostic testing, monitoring and reporting services; medical and healthcare services, namely, providing medical and healthcare information, and medical and healthcare advice.」とされたものである。
 
2 原査定の拒絶の理由の要旨
 原査定は、「本願商標は、『コンピュータソフトウェア及びハードウェアの間の基本的な機能を処理するOSの中核となるプログラム』を意味する用語として広く使用されている『KERNEL』の欧文字よりなるものであるから、これをその指定商品及び指定役務のうち、第9類『Computer hardware, namely, microchips for controlling and enhancing human brain functionality; all of the foregoing excluding operating system software.』、第10類『Implantable computer hardware, namely, microchips for managing and treating neurodegenerative disease and dysfunction; all of the foregoing excluding operating system software.』及び第42類『Development and design of computer software, excluding operating system software, in the field of artificial intelligence for others.』に使用した場合、需要者は、恰もコンピュータを作動させるための基幹となるプログラムであるカーネルであるかの如く商品の品質について、及び当該カーネルに関する開発及び設計であるかの如く役務の質について誤認を生ずるおそれがあるから、商標法第4条第1項第16号に該当する。」旨認定、判断し、本願を拒絶したものである。
 
3 当審の判断
 本願の指定商品及び指定役務について、上記1のとおり限定の通報があった結果、本願商標をその指定商品及び指定役務に使用しても、商品の品質及び役務の質について誤認を生ずるおそれはなくなった。
 したがって、本願商標が商標法第4条第1項第16号に該当するとして本願を拒絶した原査定の拒絶の理由は解消した。
 その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
 よって、結論のとおり審決する。


        令和 3年 1月27日

     審判長  特許庁審判官 榎本 政実
          特許庁審判官 小俣 克巳
          特許庁審判官 荻野 瑞樹

 
 
(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意)        特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。


〔審決分類〕T18  .272-WY (W104244)

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 3年 1月27日  審判書記官  木村 勝美