審決


不服2020-650052

2 More London Riverside London SE1 2AP(GB)
 請求人
Montagu Private Equity LLP
  
東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 丸の内 MY PLAZA (明治安田生命ビル) 9階 創英国際特許法律事務所
 代理人弁理士
黒川 朋也
  
東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 丸の内 MY PLAZA (明治安田生命ビル) 9階 創英国際特許法律事務所
 代理人弁理士
魚路 将央
  


 国際登録第1204102号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について、次のとおり審決する。



 結 論
  
 原査定を取り消す。
 本願商標は、登録すべきものとする。



 理 由
  
1 本願商標
 本願商標は、「MONTAGU PRIVATE EQUITY」の文字を表してなり、第16類、第35類及び第36類に属する日本国を指定する国際登録において指定された商品及び役務を指定商品及び指定役務として、2019年(平成31年)1月31日に国際商標登録出願(事後指定)されたものである。
 その後、その指定商品及び指定役務については、当審における2020年(令和2年)11月27日付けで国際登録簿に記録された限定の通報があった結果、第16類「Paper, boxes of paper, table cloths of paper, table napkins of paper, cardboard and cardboard articles; printed matter; printed matter relating to financial affairs, monetary affairs, and investment, including private equity investment; book binding material; photographs; stationery; adhesives for stationery or household purposes; artists' materials; paint brushes; typewriters and office requisites (except furniture); instructional and teaching material (except apparatus); plastic materials for packaging (not included in other classes); printers' type; printing blocks.」、第35類「Advertising; business management; business administration; office functions; promotion of financial and insurance services, on behalf of third parties; business advice relating to finance; business advice relating to financial reorganisation; financial statement preparation and analysis for businesses; information, advisory and consultancy services in relation to the foregoing.」、第36類「Insurance; financial consultancy, financial evaluation [insurance, banking, real estate]; financial management; capital investments; exchange money; fund investments; securities brokerage; stocks and bonds brokerage; real estate affairs; equity investment and financing; equity trading; information, advisory and consultancy services in relation to the foregoing.」と補正(限定)された。
 
2 原査定の拒絶の理由
 本願の指定商品及び指定役務中、第16類「Paper, cardboard and goods made from these materials, not included in other classes」及び第36類「Financial affairs; monetary affairs」は、その内容及び範囲が不明確であるから、商標法第6条第1項の要件を具備しない。
 
3 当審の判断
 本願は、その指定商品及び指定役務について、上記1のとおり補正(限定)された結果、商品及び役務の内容及び範囲が明確なものになったと認められる。
 その結果、本願の指定商品及び指定役務は、商標法第6条第1項の規定の要件を具備するものとなった。
 したがって、原査定の拒絶の理由は解消した。
 その他、本願について拒絶の理由を発見しない。
 よって、結論のとおり審決する。
 
 


        令和 3年 3月30日

     審判長  特許庁審判官 佐藤 松江
          特許庁審判官 鈴木 雅也
          特許庁審判官 阿曾 裕樹

 
 
(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意)        特許庁は、著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては、著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。


〔審決分類〕T18  .91 -WY (W163536)

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 3年 3月30日  審判書記官  木村 勝美