審決


不服2021-650024

535 E. Diehl Road, Suite 300 Naperville IL 60563 USA(US)
 請求人
Wilton Industries Inc.
  
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー23階 TMI総合法律事務所
 代理人弁理士
田中 克郎
  
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー23階 TMI総合法律事務所
 代理人弁理士
佐藤 俊司
  
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー23階 TMI総合法律事務所
 代理人弁理士
太田 雅苗子
  


 国際登録第1468483号に係る国際商標登録出願の拒絶査定に対する審判事件について,次のとおり審決する。



 結 論
  
 原査定を取り消す。
 本願商標は,登録すべきものとする。



 理 由
  
1 手続の経緯
 本願は,2017年(平成29年)6月28日にUnited States of Americaにおいてした商標登録出願に基づきパリ条約第4条による優先権を主張して,同年10月24日に国際商標登録出願されたものであって,その手続の経緯は以下のとおりである。
 2019年(令和元年)11月1日効力発生 :基礎出願又は基礎登録の効力の一部終了の通報
 2020年(令和2年)8月12日付け   :暫定拒絶通報
 令和2年(2020年)11月27日    :意見書及び手続補正書の提出 
 2021年(令和3年)4月1日付け    :拒絶査定
 令和3年(2021年)7月16日     :審判請求書の提出
 2021年(令和3年)10月1日効力発生 :商品等限定指定通報 
 2022年(令和4年)11月15日効力発生:商品等限定指定通報
 
2 本願商標
 本願商標は,別掲のとおりの構成よりなり,第1類,第2類,第8類,第9類,第16類,第18類,第20類,第21類,第28類,第30類,第35類及び第41類に属する日本国を指定する国際登録において指定された商品及び役務を指定商品及び指定役務として,国際商標登録出願されたものであり,その後,指定商品及び指定役務については,上記1の手続補正書及び国際登録簿に記録された通報(基礎出願又は基礎登録の効力の一部終了の通報及び商品等限定指定通報)により,最終的に,第16類「 Paper display boxes; paper gift bags; paper gift tags; paper note tablets; paper notebooks; paper party bags; paper weights; party goodie bags made of paper or plastic; pens; photograph mounts; photo storage boxes; photograph album pages; invitations and thank you note cards; catalogs in the field of baking and cake and food decorating; educational and instructional text, namely, manuals and brochures pertaining to cake food, pastry decorating and baking; paper doilies; bags for microwave cooking; printed instructional materials.」とされた。
 
3 原査定の拒絶の理由の要点
 原査定は,「本願商標は,登録第5989942号商標(以下,「引用商標」という。)と類似の商標であって,本願の指定商品及び指定役務は引用商標の指定商品と同一又は類似の商品を含むものであるから,商標法第4条第1項第11号に該当する。」旨を認定,判断し,本願を拒絶したものである。
 
4 当審の判断
 本願の指定商品及び指定役務は,前記2のとおりの手続補正書の提出及び通報があった結果,引用商標の指定商品と同一又は類似の商品及び役務はすべて削除されたものと認められる。
 その結果,本願の指定商品は,引用商標の指定商品と類似しないものになった。
 したがって,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして本願を拒絶した原査定の拒絶の理由は,解消した。
 その他,本願について拒絶の理由を発見しない。
 よって,結論のとおり審決する。
 


        令和 5年 4月25日

     審判長  特許庁審判官 豊瀬 京太郎
          特許庁審判官 板谷 玲子
          特許庁審判官 須田 亮一

 
別掲 本願商標
 
(この書面において著作物の複製をしている場合のご注意)        特許庁は,著作権法第42条第2項第1号(裁判手続等における複製)の規定により著作物の複製をしています。取扱いにあたっては,著作権侵害とならないよう十分にご注意ください。


〔審決分類〕T18  .26 -WY (W16)

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 5年 4月25日  審判書記官  眞島 省二