異議の決定


異議2022-685023
73 LOEWEN ROAD, #01-21 Singapore 248843(Singapore)
 商標権者  
Invictus International School Pte. Ltd.
東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館36階
 代理人弁理士
杉村 憲司
  
東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館36階
 代理人弁護士
杉村 光嗣
  
東京都千代田区霞が関3丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館36階
 代理人弁理士
門田 尚也
  
東京都千代田区霞が関3丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館36階
 代理人弁理士
長嶺 晴佳
  
イタリア国 I-10040 トリノ レイニ ヴィア フォルナチーノ 96
 商標登録異議申立人  
インヴィクタ ソシエタ ペル アチオニ
岐阜県岐阜市大宮町二丁目12番地1
 代理人弁理士
恩田 誠
  
岐阜県岐阜市大宮町二丁目12番地1
 代理人弁理士
恩田 博宣
  


 国際登録第1606399号商標の商標登録に対する登録異議の申立てについて、次のとおり決定する。



 結 論
  
 本件登録異議の申立てを却下する。



 理 由
  
 本件国際登録第1606399号商標(以下「本件商標」という。)は、国際登録に基づく商標権に係る商標登録原簿に記載のとおりの構成からなり、同原簿記載の商品及び役務を指定商品及び指定役務として、令和4年10月7日に設定登録され、同月18日に国際商標公報が発行されたものである。
 これに対し、登録異議申立人は、令和4年12月19日付けで商標登録異議申立書を提出しているところ、当該申立書には、申立ての理由について、「追って補充します。」旨記載されているものの、その後、商標法第43条の4第2項において規定された期間内に補正がなされず、実質的に審理できる程度の申立ての理由及び必要な証拠が何ら示されていないものである。
 したがって、本件登録異議の申立ては、不適法な申立てであって、その補正をすることができないものであるから、商標法第43条の15第1項において準用する、同法第56条第1項において準用する特許法第135条の規定により、却下すべきものである。
 よって、結論のとおり決定する。


        令和 5年 5月 9日

     審判長  特許庁審判官 大森 友子
          特許庁審判官 板谷 玲子
          特許庁審判官 小俣 克巳


〔決定分類〕T1652.01 -X  (W25)

上記はファイルに記録されている事項と相違ないことを認証する。
認証日 令和 5年 5月 9日  審判書記官  齊藤 葉月