• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 審判> 口頭審理> 口頭審理期日における当事者等の出頭のオンライン化に関する運用案(概要)について

ここから本文です。

口頭審理期日における当事者等の出頭のオンライン化に関する運用案(概要)について

令和3年特許法等改正(令和3年5月21日法律第42号)に伴い、令和3年10月からは、審判長の判断により、「映像と音声の送受信により相手の状態を相互に認識しながら通話をすることができる方法」によって、当事者等が、審判廷に出頭することなく口頭審理の期日における手続を行うこと(以下「オンライン出頭」という。)が可能となる予定です。

オンライン出頭に関するユーザーの理解を深めていただけるよう「口頭審理期日における当事者等の出頭のオンライン化に関する運用案(概要)」を公表します。

なお、令和3年10月1日には、オンライン出頭にも対応させた「口頭審理実務ガイド」の改訂版を、特許庁ウェブサイトで公表する予定です。

[更新日 2021年9月1日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課審判企画室

電話:03-3581-1101 内線:5854

お問い合わせフォーム