• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 審判 > プロダクト・バイ・プロセス・クレームの「物」の発明から「物を生産する方法」の発明へのカテゴリー変更を含む訂正審判事件の審決について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

プロダクト・バイ・プロセス・クレームの「物」の発明から「物を生産する方法」の発明へのカテゴリー変更を含む訂正審判事件の審決について

平成28年3月

特許庁審判部

「物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されている場合」(いわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレーム)の、「物」の発明から「物を生産する方法」の発明へのカテゴリー変更を含む訂正審判事件について、訂正を認める旨の審決がされましたので、お知らせします。

なお、プロダクト・バイ・プロセス・クレームの、「物」の発明から「物を生産する方法」の発明へのカテゴリー変更を含む訂正であっても、一律に訂正が認められるものではなく、事件ごとに個別に判断されますので、ご注意ください。

[更新日 2016年3月28日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課審判企画室

TEL:03-3581-1101内線:5852

FAX:03-3584-1987

お問い合わせフォーム