• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「ニース分類第11-2019版の発効」について(参考訳)

  1. 2019年1月1日より、標章の登録のための商品及びサービスの国際分類(ニース分類)第11版の新しい版が発効します。新しい版は、世界知的所有権機関(WIPO)のホームページから入手可能です:http://www.wipo.int/classifications/nice/en/(外部サイトへリンク)
  2. ニース分類第11-2019版には、前の版からの変更箇所が複数あります。本通知は、新たなニース分類第11版への移行期間中に提出された国際登録出願に対するWIPO国際事務局の審査実務について、マドリッド同盟の締約国官庁、並びに、出願人及び名義人に周知するためのものです。
  3. WIPO国際事務局は、以下の場合にニース分類第11-2019版を適用します:
    • - 2019年1月1日以降に、本国官庁が受理した全ての国際登録出願
    • - 2019年1月1日以降に、商標の国際登録に関するマドリッド協定議定書第3条(4)に基づく2か月の期限後にWIPO国際事務局が受理した全ての国際登録出願
  4. 慣習に従い、WIPO国際事務局は、2018年12月31日以後になされた更新、事後指定又はその他の変更請求によって影響を受ける国際登録の指定商品・役務リストに関して、ニース分類第11-2019版に基づく再分類はしません。
  5. さらに、2018年5月のニース同盟専門家委員会28回会合の提言に従い、ニース分類第11-2019版に従い分類された指定商品・役務リストを含むすべての国際登録について、WIPO国際事務局は、指定締約国への通知、国際登録証明書及び公報中の指定商品・役務リストの隣に“NLC(11-2019)”の略字を挿入します。
  6. 最後に、Madrid Goods and Services Manager (MGS) (https://webaccess.wipo.int/mgs/(外部サイトへリンク)) は、ニース分類第11-2019版により導入された変更点を反映し、更新されます。

 

2018年8月15日

原文:Entry into force of the 2019 version of the eleventh edition of the Nice Classification (MADRID/2018/12)

参照:http://www.wipo.int/madrid/en/notices/(外部サイトへリンク)

 

[更新日 2018年9月7日]

お問い合わせ

特許庁国際意匠・商標出願室

電話:03-3581-1101 内線:2671, 2672

FAX :03-3580-8033

お問い合わせフォーム