• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 特許 > 手続 > 出願に関する情報 > 優先権を伴う出願の手続きについて > 優先権証明書として提出された 外国知的財産庁が提供するPDF形式等の証明書の取扱いについて

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

優先権証明書として提出された
外国知的財産庁が提供するPDF形式等の証明書の取扱いについて

平成29年3月17日
特許庁

パリ条約に基づく優先権を主張する出願をする場合、特許法第43条第2項(実用新案法第11条第1項、意匠法第15条第1項及び商標法第13条第1項にて準用)に規定される書面及び証明書であってその同盟国の政府が発行したもの(以下「優先権証明書」といいます。)を提出しなければなりません。

優先権証明書は書面性を備えていなければならないため、最初の出願をしたパリ条約の同盟国が書面により発行したものを優先権証明書提出書に添付して特許庁へ提出してください。

ただし、以下に記載するパリ条約同盟国の知的財産庁がPDF形式で発行する出願謄本等の証明書(以下の1.及び2.)又はPDF形式等のデータを印刷して発行する(認証印が印刷されたものである)出願謄本等の証明書(以下の3.及び4.)については、内容が真正なものであることを保証する適切な手段が整備されていることから、書面により発行された証明書と同一の効果を有するものと位置付け、当該PDF形式等のデータを印刷出力したものを優先権証明書として特許庁へ提出することを認めます。

なお、カラーで発行されたPDF形式の出願謄本等の証明書については、色彩の有無及び態様について最初の出願と内容が実質的に同一であることを確認できるよう、すべてカラーで印刷出力する必要があります。

1.欧州連合知的財産庁(EUIPO)

欧州連合意匠出願又は欧州連合商標出願を最初の出願とする優先権主張を伴う我が国における出願において、欧州連合知的財産庁が提供するPDF形式の出願謄本等の証明書(各ページに認証コード(identification code)が付されているもの)を印刷出力し提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。ただし、印刷出力した書面において、認証コードが確認できないもの(不鮮明な場合を含む)は、欧州連合知的財産庁の認証がないものとして扱い、優先権証明書として認められませんので御注意ください。

2.ニュージーランド知的財産庁

ニュージーランドの意匠登録出願又は商標登録出願を最初の出願とした優先権主張を伴う出願において、ニュージーランド知的財産庁が提供するPDF形式の出願謄本等の証明書を印刷出力し提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。ただし、印刷出力した書面において、認証コードが確認できないもの(不鮮明な場合を含む)は、ニュージーランド知的財産庁の認証がないものとして扱い、優先権証明書として認められませんので御注意ください。

3.トルコ特許庁

トルコの特許出願、意匠登録出願又は商標登録出願を最初の出願とした優先権主張を伴う出願において、トルコ特許庁がPDF形式等のデータを印刷して発行した出願謄本等の証明書とともに当該証明書に付属する書面(トルコ特許庁のホームページにて当該証明書に付された署名の真正性の確認に必要なIDコードが記載されているもの)を提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。

4.シンガポール知的財産庁

シンガポールの意匠登録出願又は商標登録出願を最初の出願とした優先権主張を伴う出願において、シンガポール知的財産庁がPDF形式等のデータを印刷して発行した出願謄本等の証明書を提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。

[更新日 2017年3月17日]

お問い合わせ

【この記事に関する問い合わせ先】

特許庁 審査業務部審査業務課基準班

電話:03-3581-1101 内線2115

FAX :03-3580-8016

お問い合わせフォーム