• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

意匠・商標の審査・審判書類がJ-PlatPatで照会可能となります

平成30年11月
特許庁総務部総務課情報技術統括室

平成30年7月10日に特許庁HPにてお知らせしたとおり、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の機能改善1の一つとして、意匠・商標の審査段階・審判段階の書類内容が照会可能となる予定です2。今般、照会対象となる書類の時期(1. (2)参照)が近づいてきたことから、再度お知らせ致します。

当該機能改善は、利用者の利便性の更なる向上を目的としたものですが個人情報や営業秘密等を含む書類についてもJ-PlatPat上での照会が可能となり得ます。これら情報については、書類内の特定の部分に記載することにより非表示とすることができますので、書類作成に際しては、必要に応じて以下の要領(特に2. (2))に従いご対応下さい。

1. 照会可能となる申請書類

(1)種類

J-PlatPatで照会可能となる主な申請書類は以下のとおりです(但し、法域等により照会可否が異なる場合がございます)。

  • 願書、審判請求書、意見書、手続補正書、上申書 等

※J-PlatPatでの照会の対象外となる主な申請書類は以下のとおりです。

  • 早期審査に関する事情説明書、手続補足書、刊行物等提出書 等

※その他に、特許庁が発送する書類(登録査定、拒絶査定、拒絶理由通知書、審決等)や面接記録、応対記録等が照会可能となります。

(2)時期

平成31年1月1日以降に特許庁で受け付けた申請書類

※特許庁が発送する書類及び面接記録・応対記録等も平成31年1月1日以降に作成された書類が照会対象となります。

2. 照会可能となる内容

原則、全て(書類中の項目【意見の内容】【その他】の内容等)表示されます。ただし、以下の場合には表示されません。

(1)書類中の項目【住所又は居所】【電話番号】【ファクシミリ番号】の内容

J-PlatPatにおける書類照会においては、表示されません(<省略>と表示されます)。

(2)上記以外の項目の内容

  • オンライン手続において、【提出物件の目録】及び【添付物件】の項目を設け、それらの項目より下に、画像データとして貼り付けた場合、その画像データは表示されません。
  • 紙書面による手続において、【提出物件の目録】の項目を設け、該当する事項が記載された書面を添付した場合、添付された書面は表示されません。

申請書類に個人情報や営業秘密等を記載する必要がある場合、上記(1)及び(2)の範囲に記載することで、特許情報プラットフォームで表示されないようにすることができます。

※なお、上記の方法によった場合でも、原則、閲覧請求の対象にはなります。

書類作成例(商標登録願の場合)

商標登録願の書類作成例(オンライン手続の場合と書面による手続の場合)

3. J-PlatPatでの表示イメージ(意見書の場合)

J-PlatPatでの表示イメージ(意見書の場合)

[更新日 2018年11月29日]

お問い合わせ

総務課情報技術統括室特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム