• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

五庁(IP5)

五庁とは

日本国特許庁(JPO)、米国特許商標庁(USPTO)、欧州特許庁(EPO)、中国国家知識産権局(SIPO)、韓国特許庁(KIPO)への特許出願件数は、世界の特許出願件数の約8割を占めています。五庁(IP5)とは、日米欧中韓の特許庁が、知的財産における世界的な取組をリードするため2007年からスタートしたフォーラムであり、出願件数・ワークロードの増加に対応するため、審査結果の相互利用、手続の簡素化、審査の質の維持・向上等の課題について3つの作業部会(WG1: 分類関連、WG2: 情報関連、WG3:審査関連)等で検討を行っています。

五庁ビジョン

IP5発足以来最初の10年間、五庁は、特許庁間の不要な重複業務の排除、特許審査の効率性と品質の向上、特許権の安定性の保証に重点を置き、協力を行ってまいりました。

そして、2017年6月に開催された第10回五庁長官会合では、これまでの五庁ビジョンを見直し、(i)制度運用調和、(ii)ワークシェアの更なる推進、(iii)質の高いタイムリーな審査、(iv)特許情報へのシームレスなアクセス提供、を含む新たな五庁ビジョンに合意しました。現在はこの新たな五庁ビジョンに基づいて協力を行っています。

五庁の体制

五大特許庁の体制

ユーザとの会合

五庁は、日本知的財産協会(JIPA)、米国知的財産権法協会(AIPLA)、米国知的財産権者協会(IPO)、ビジネスヨーロッパ(Business Europe)、韓国知的財産権協会(KINPA)、中国専利保護協会(PPAC)の五庁ユーザとの会合を2012年に初めて開催しました。以来、五庁と五庁ユーザは、ハイレベル及び実務者レベルでの会合を開催し、意見交換を行っています。

過去の会合記録

プレスリリース

研究報告

情報システム協力

統計情報

リンク

[更新日 2018年8月21日]

お問い合わせ

特許庁総務部国際政策課多国間政策第一班

電話:03-3581-1101 内線2568

FAX:03-3581-0762

お問い合わせフォーム

godai_patent