• ホーム
  • お知らせ
  • 制度・手続
  • 施策・支援情報
  • 資料・統計
  • 特許庁について
  • お問い合わせ Q&A

ホーム > 制度・手続 > 商標 > 制度 > 地域団体商標制度について > 「地域団体商標ガイドブック2018」について

マイページ

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

「地域団体商標ガイドブック2018」について

平成30年3月7日
特許庁

「地域団体商標」は、平成18年の制度創設以来、「地域の旗印」となるブランドを確立するための第一歩として、地域の産業発展に活用されてきました。

本冊子は、「地域団体商標についてこれ1冊でまるわかり」をコンセプトに、地域団体商標の制度概要、実際に権利を取得し活用している方の事例、特許庁の支援策等についてまとめたものです。

これから地域団体商標を取得したい方、そうした団体を支援している方、地域ブランドに興味がある方にぜひお読みいただきたい1冊です。

1.  「地域団体商標ガイドブック2018」の概要

「地域団体商標についてこれ1冊でまるわかり」をコンセプトに、同制度の概要、Q&A、活用事例、特許庁の支援策を掲載する他、現在登録されている621件の地域団体商標を全件紹介しています。

今年から、登録されている地域団体商標の紹介を産品別に掲載し、より検索しやすいように変更いたしました。

地域団体商標に関する詳しい情報は、特許庁ホームページ「地域団体商標制度」を御参照ください。

地域団体商標ガイドブック2018の表紙

2. 活用事例の紹介

本冊子に掲載された活用事例6例を、キーワードごとにご紹介します。

みなさまの活動にぜひご活用ください。

(1)キーワードは「北海道ブランド」
~「十勝若牛」(北海道)の事例~

「十勝」という地名が入った商標権の取得により、商品のブランド価値が向上、単価アップ、取引先の増加に役立った事例をご紹介します。


(2)キーワードは「他地域へのPR」
~「能登丼」(石川県)の事例~

地域団体商標の取得により地域が一致団結し、積極的に県外に向けてPRを行い、新たな名物として確立した事例をご紹介します。


(3)キーワードは「人材育成」、「自社ブランド」
~「豊岡鞄」(兵庫県)の事例~

地域団体商標の取得をきっかけに、まちが一体となって人材育成に力を入れ、後継者の育成に成功した事例をご紹介します。


(4)キーワードは「品質管理」、「海外」
~「今治タオル」(愛媛県)の事例~

徹底した品質管理とブランド化の取組で商品の単価が5割アップ。海外展開にも成功した事例をご紹介します。


(5)キーワードは「6次産業化」
~「桜島小みかん」(鹿児島県)の事例~

地域団体商標として確立したブランドをもとに、県外の知名度アップと加工品販売を実現した事例をご紹介します。


(6)キーワードは「地域団体商標とGI」、「海外」
~「十勝川西長いも」(北海道)の事例~

地域団体商標と農林水産物等の地理的表示(GI)保護制度をうまく使い分け、効率的に知的財産の保護をしている事例をご紹介します。


3. ダウンロード

下記より「地域団体商標ガイドブック2018」のPDFファイルをダウンロードすることができます。

なお、冊子を御希望の方は、特許庁の担当者までお問い合わせください。配布数には限りがございますので、予めご了承ください。

(1)一括ダウンロード

(2)分割ダウンロード

「地域団体商標ガイドブック2018」掲載内容

第1章 地域団体商標とは

第2章 教えて!活用事例(PDF:8.59MB)

第3章 全国の地域団体商標紹介

2008から2017までの活用事例は、PDF版でダウンロードができます

「地域団体商標事例集2017」及びその他掲載されている記事・写真など無断転載を禁止します。

[更新日 2018年3月14日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課

地域ブランド推進室

電話:03-3581-1101 内線2828

電話:03-3580-8012 (直通)

FAX:03-3580-5907

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。