• 用語解説

ホーム> 特許庁について> 産業財産権の歴史> 4月18日は「発明の日」です

ここから本文です。

4月18日は「発明の日」です

「発明の日」とは

明治18年(1885年)4月18日に、初代特許庁長官を務めた高橋是清らが現在の特許法の前身である「専売特許条例」を公布し、日本の特許制度が始まりました。

これを記念し、昭和29年(1954年)1月28日に、通商産業省(現在の経済産業省)は、特許制度をはじめとする産業財産権制度の普及・啓発を図ることを目的として、毎年4月18日を「発明の日」とすることを決定しました。

特許制度が多くの発明家の創作意欲をかき立てたことによって生み出された数々の発明は、わたしたちの生活を便利にしてきました。特許庁は、昭和60年(1985年)4月18日に、専売特許条例の公布100周年を記念して、日本の歴史的な発明家10名を選定し、その功績を紹介しています(十大発明家のページ)。

産業財産権制度は、時代の変化にあわせて進化してきました。これからも、より多くの発明が生み出されるよう進化し続けなければなりません。発明の日を機に、未来を拓く産業財産権制度について、みなさんも考えてみませんか。

2019年「発明の日」ポスター

(画像)ポスター見本(手段がなければ発明しよう!4月18日は発明の日)

「発明の日」ポスターを作成しました。今年度は、研究、開発、生産にかかわる過去から現在までのすべての技術者の方々への感謝の気持ちを表現いたしました。今、わたしたちの身のまわりに当たり前にある、便利な生活を支えるものは、技術者の方々の知恵と努力によって生み出され、今なお、技術改善され続けています。
このポスターを様々な場所に掲載、掲示していただき、技術者の方々の努力に思いを馳せていただけると幸いです。

バナー

バナーを用意させていただいております。どうぞ御自由に御利用ください。

(画像)バナー(手段がなければ発明しよう!4月18日は発明の日)

[更新日 2019年4月16日]

お問い合わせ

特許庁総務部総務課広報室

電話:03-3581-1101 内線2108

FAX:03-3593-2397

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。