• 用語解説

ホーム> お知らせ> 弁理士試験> 過去の試験結果> 令和元年度弁理士試験の結果について

ここから本文です。

令和元年度弁理士試験の結果について

令和元年10月31日
特許庁
工業所有権審議会

特許庁は、工業所有権審議会の決定を受け、本日、令和元年度弁理士試験の合格者を発表しました。

今年度は、志願者数3,862人、受験者数3,488人に対し、合格者数は284人であり、合格率は8.1%となりました。

1. 令和元年度弁理士試験の結果概要

  • (1)志願者数 3,862人 (前年度 3,977人)
  • (2)受験者数 3,488人 (前年度 3,587人)
  • (3)受験率(受験者数/志願者数) 90.3% (前年度 90.2%)
  • (4)合格者数 284人 (前年度 260人)
  • (5)合格率(合格者数/受験者数) 8.1%  (前年度 7.2%)
  • (6)合格者平均受験回数 4.1回 (前年度 3.8回)

2. 合格者の内訳(注)

  • 年齢別
    20代: 16.9%、30代: 49.3%、40代: 21.5%、50代: 9.5%、60代: 2.5%、70代: 0.4%
    最年少20歳、最年長76歳
  • 職業別
    会社員: 46.1%、特許事務所: 34.5%、無職: 8.8%、公務員: 4.6%、学生: 2.8%、
    法律事務所: 0.7%、教員: 0.7%、その他: 1.8%
  • 男女別
    男性: 73.6%、女性: 26.4%
  • 出身校系統別
    理工系: 78.2%、法文系: 17.3%、その他: 4.6%
  • 受験(免除)種別
    短答受験者: 34.2%、短答試験免除者: 60.6%、筆記試験免除者: 4.6%、
    工業所有権法免除者:0.7%
    • ※ 工業所有権法免除者とは、短答試験のうち工業所有権(特許・実用新案・意匠・商標)に関する法令及び工業所有権に関する条約の試験科目、論文試験(必須科目)並びに口述試験について免除される者をいい、上記短答受験者・短答試験免除者・筆記試験免除者には含まない。

(注)基本データは、受験願書受付時の情報に基づいて作成しています。

グラフ:弁理士試験志願者及び合格者数の推移(志願者数3,862人、合格者数284人)

グラフ:合格者内訳(上記「2. 合格者の内訳」の項目別円グラフ)

添付資料

令和元年度弁理士試験の結果について (PDF:383KB)

[更新日 2019年10月31日]

お問い合わせ

総務部秘書課弁理士室

電話:03-3581-1101 内線2020

FAX:03-3592-5222

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。