• 用語解説

ホーム> お知らせ> 広報/災害関連情報> 広報からのお知らせ> スタートアップ支援機関プラットフォーム「Plus」にINPITが参加しました

ここから本文です。

スタートアップ支援機関プラットフォーム「Plus」にINPITが参加しました

2022年11月11日(金)

11月1日(火曜日)、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)は6機関と共に、技術シーズを生かして事業化等に取り組むスタートアップを支援することを主な目的とする、スタートアップ支援機関連携協定(通称「Plus “Platform for unified support for startups”」)に参加しました。
Plusは、参加機関が2020年7月創設時の9機関から16機関に増加し、今後、起業に取り組む人々により幅広い施策を届けられる、より重要なプラットフォームとして機能するよう取り組むこととなります。

昨年12月に特許庁・中小企業庁・INPITが公表した「中小企業・スタートアップの知財活用アクションプラン」においても、INPITにおけるスタートアップ支援機能強化を掲げましたが、Plusへの参加により他機関との連携が強化され、より一層のサービスの向上が期待されます。

2022年11月10日(木曜日)に鈴木内閣府大臣政務官御出席の下、Plusの拡大発足式が開催され、INPITは、新たに参加する6機関と共に参加しました。

参考リンク

[更新日 2022年11月11日]

お問い合わせ先

総務課 INPIT室(独)工業所有権情報・研修館担当

TEL:03-3581-1101 内線2140

FAX:03-3593-2397