• 用語解説

ホーム> お知らせ> 国際的な取組> その他(国際フォーラム)> 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)における公式サイドイベントの実施について

ここから本文です。

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)における公式サイドイベントの実施について

アフリカ開発をテーマとした国際会議「Tokyo International Conference on African Development(TICAD)(外部サイトへリンク)」の第7回会議が横浜市のパシフィコ横浜で8月28日~30日に開催されます。

TICAD7公式サイドイベントとして、特許庁は、「知財で掴むアフリカンドリーム」をメインテーマに、パネルディスカッション、アフリカ知財制度セミナーを実施し、ブースを出展します。

各サイドイベントの概要は以下のとおりです。

概要

パネルディスカッション『スタートアップが語るイノベーション大陸の魅力』

新しい技術やアイディア、ブランディングは強力なビジネスツールです。そんなツールを知財権として活用し、アフリカで活躍するスタートアップ企業から、これからのビジネスのヒントやアフリカの魅力などをお話しいただきます。

アフリカ知財制度セミナー『知財保護の最前線』

資源大陸からイノベーション創出の場に変遷し、注目を集めるアフリカ。本セミナーでは、日本企業の進出・現地企業との提携時に必須の“発明・ブランド保護”について、各国知財庁の幹部から入手困難な最新の知財情報を発信します。

ブース『あなたの商品を「特別なもの」に』

WIPO、特許庁のアフリカとの協力や、アフリカにおける経済、知財の最新情報を発信します。さらに、アフリカ関連のビジネスを行う企業にご協力頂き、インタビュービデオを流すとともに、魅力あふれる商品を展示します。

このパネルディスカッション、アフリカ知財制度セミナーは、日本弁理士会の継続研修(外部サイトへリンク)としての認定を申請します。
詳細が決まり次第、このページでご案内いたします。

日時

8月28日午後(詳細については決定次第ご案内いたします。)

会場

パシフィコ横浜アネックスホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

定員

100名程度(詳細については決定次第ご案内いたします。)

参加費

無料

主催

  • パネルディスカッション:世界知的所有権機構(WIPO)
  • アフリカ知財セミナー:日本貿易振興機構(JETRO)、特許庁(特許庁委託事業)

申込方法

決定次第ご案内いたします。

プログラム

決定次第ご案内いたします。

[更新日 2019年7月5日]

お問い合わせ

特許庁総務部国際協力課地域協力室

電話:03-3581-1101 内線2566

FAX:03-3581-0762