• 用語解説

ここから本文です。

任期付職員(特許審査官(補))Q&Aについて

Q1. 任期付職員(特許審査官(補))の採用に当たって年齢制限はありますか。

  1. 採用時に年齢制限は設けておりません。
  2. 選考においては、募集要綱「1. 業務内容」に示す業務を遂行する能力を同「6. 選考方法」により判定します(詳しくはQ4.参照。)。
  3. なお、採用後の業務では、日々、端末を使った長時間のVDT作業を伴います。

Q2. 退職後の業務制限はありますか。

  1. 任期付職員(特許審査官(補))にも、基本的には通常の職員と同等の服務規程が適用されます。
  2. そのため、現時点では、改正国家公務員法に基づく再就職規制が課せられます。
  3. 具体的には、在職中に利害関係企業に再就職することを要求、約束することなどです。

Q3. どのような選考方法ですか。

  1. 任期付職員(特許審査官補)は、特許の審査に必要な知識及び経験を有する民間人材の活用を目的として登用されることから、特許審査官に必要な資質、能力を有するか否かを、一次試験(多肢選択式、論文式)及び二次試験(面接試験)によって評価します。
  2. 募集要綱にも記載のとおり、筆記試験は、多肢選択式の教養試験、多肢選択式の専門試験、論文式の一般時事試験及び論文式の専門試験によって行います。
  3. 筆記試験合格者に対しては人物試験を行い、「業務を遂行する能力、採用後の任期を通じた能力の向上見込み、他の職員と協調した業務の遂行等の 観点から総合的に判断」し、最終合格者を選考します。

Q4. 最終合格後に提出する学歴、職歴、業績等を証明するための資料とはどのようなものですか。

  1. 業績等を証明するための資料は経歴等により異なりますが、特許出願(特許公報)、学会論文、社内報等が考えられます。
  2. また、職歴等を証明するための資料は、人事部等の発行する在職証明(期間・部署・研究開発に従事していたこと・その内容)を想定しています。

Q5. 今後も継続的に採用しますか。

  1. 現時点では継続的な採用があるかどうかは不明です。

[更新日 2022年9月16日]

お問い合わせ

特許庁審査第一部調整課任期付職員採用担当

電話:03-3581-1101 内線3119

電話:03-3501-0738(直通)

お問い合わせフォーム