• 用語解説

ホーム> 資料・統計> 刊行物・報告書> 特許庁ステータスレポート> 特許庁ステータスレポート2019 正誤表について

ここから本文です。

特許庁ステータスレポート2019
正誤表について

令和元年9月30日
特許庁総務部企画調査課

特許庁ステータスレポート2019の掲載内容の一部につきまして誤りがございました。お詫びして訂正させていただきます。

【訂正箇所一覧】
該当箇所
第1部第1章
P.38 1-1-33図
異議申立件数(権利単位)の推移 2018年、特許:1,172件、商標:421件 異議申立件数(権利単位)の推移 2018年、特許:1,075件、商標:417
第2部第1章
P.56 2-1-1図
  • FA 期間は、出願から審査官による審査結果の最初の通知(主に登録査定又は拒絶理由通知書)が出願人等へ発送されるまでの期間。
  • 権利化までの期間は、出願から最終処分までの期間(国際意匠出願を除く。また、出願人が制度上認められている期間を使い補正等を行うことによって、特許庁から再度の応答を求められる場合等を除く)。
  • FA期間は、審査請求日から審査官による審査結果の最初の通知(主に特許査定又は拒絶理由通知書)が出願人等へ発送されるまでの期間。
  • 権利化までの期間(「標準審査期間」ともいう。)は、審査請求日から取下げ・放棄又は最終処分を受けるまでの期間(出願人が補正等をすることに起因して特許庁から再度の応答等を出願人に求めるような場合や、特許庁に応答期間の延長や早期の審査を求める場合等の、出願人に認められている手続を利用した場合を除く)。

以下、詳細な訂正内容です。

第1部

第1章 P.38 1-1-33図 異議申立件数(権利単位)の推移

以下のとおり、図表を訂正いたします。

【誤】異議申立件数(権利単位)の推移 2018年、特許:1,172件、商標:421件
(グラフ)2018年、特許:1,172件、商標:421件

【正】異議申立件数(権利単位)の推移 2018年、特許:1,075件、商標:417
(グラフ)2018年、特許:1,075件、商標:417件

第2部

第1章P.56 2-1-1図 2017年度における特許審査の権利化までの期間及びFA期間

以下のとおり、図表中の備考を訂正いたします。

【誤】

  • FA 期間は、出願から審査官による審査結果の最初の通知(主に登録査定又は拒絶理由通知書)が出願人等へ発送されるまでの期間。
  • 権利化までの期間は、出願から最終処分までの期間(国際意匠出願を除く。また、出願人が制度上認められている期間を使い補正等を行うことによって、特許庁から再度の応答を求められる場合等を除く)。

【正】

  • FA期間は、審査請求日から審査官による審査結果の最初の通知(主に特許査定又は拒絶理由通知書)が出願人等へ発送されるまでの期間。
  • 権利化までの期間(「標準審査期間」ともいう。)は、審査請求日から取下げ・放棄又は最終処分を受けるまでの期間(出願人が補正等をすることに起因して特許庁から再度の応答等を出願人に求めるような場合や、特許庁に応答期間の延長や早期の審査を求める場合等の、出願人に認められている手続を利用した場合を除く)。

[更新日 2019年9月30日]

お問い合わせ

総務部企画調査課企画班

電話:03-3581-1101 内線2154

FAX:03-3580-5741

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。