• 用語解説

ここから本文です。

再公表特許の廃止に伴う留意点について

令和4年1月からの再公表特許の廃止に伴う、J-PlatPatで検索・照会等を行う際の留意点をお知らせします。
なお、国内移行された日本語PCT出願(以下、「国内移行出願」)について、特許公報が発行された場合、既に再公表特許が発行されている場合は、従来どおりの方法で検索・照会等が可能です。

照会

1.日本語PCT出願が国内移行されたか否かを知りたい場合

「特許・実用新案番号照会/OPD」で「OPD照会」→「番号入力」→発行機関「WIPO(WO)」を選択し、国際公開番号を入力してください。国内移行出願がパテントファミリーに紐付けられていれば、パテントファミリーに「JP」が表示されます。

また、WIPOが提供する検索サービスPATENTSCOPE(外部サイト)で確認することもできます。

2.国内移行出願の経過情報を確認したい場合

  • 従来は、「特許・実用新案番号照会/OPD」で「文献」→「番号入力」→発行国「日本」で文献番号照会することで、経過情報を確認可能となっていました。
  • 今後は、「特許・実用新案番号照会/OPD」で検索対象を「OPD照会」とし、WOの国際公開番号か国内移行出願の出願番号を入力し、表示されるファミリー一覧の中のJPの経過情報を御確認ください。

※経過情報照会で表示される「出願情報」において、再公表特許が発行されない国内移行出願のFI記事、テーマコード記事、Fターム記事、審査官フリーワード記事は、確認できなくなりますのでご留意ください。

3.国内移行出願に付与されたFI・Fタームを確認したい場合

日本語PCT出願の国際公開を文献番号照会し、国際公開を文献表示し、「検索キー」からFI・Fタームを御確認ください。

※再公表特許が発行されなくなった国内移行出願に付与されたFI、Fタームは、対応する国際公開の検索キーに反映されます。

4.国内移行出願の引用文献情報を確認したい場合

経過情報で表示される各書類(拒絶理由、拒絶査定等)の本文から、引用文献を直接御確認ください(経過情報の確認方法は2.を参照してください)。

※OPD照会で表示されるファミリー一覧において、再公表特許が発行されない国内移行出願の分類・引用情報は、「分類・引用情報」から確認できなくなりますのでご留意ください。

検索

5.国内移行出願に係る発明を検索したい場合

対応する日本語PCT出願の国際公開又は(特許権が設定登録された場合)特許公報で検索可能です。なお、国際公開の文献種別は「外国文献」なので、検索範囲に「外国文献」(特に「WIPO(WO)」)を追加指定しないと、検索漏れが生じるおそれがあります。

RSS機能

6.国内移行出願のRSS機能について

再公表特許が発行されない国内移行出願はRSS機能が利用できませんが、特許公報発行後には利用可能となります。

[更新日 2021年12月28日]

お問い合わせ

総務課 情報技術統括室 特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム