• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 法令・施策> 法令・基準> 政令改正> 特許法> 特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(令和元年11月7日政令第145号)

ここから本文です。

特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(令和元年11月7日政令第145号)

令和元年11月7日
特許庁

本日、「特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が公布されました。本政令は、特許法等の一部を改正する法律(令和元年法律第3号。以下「改正法」という。)の一部の施行に伴い、損害賠償額算定方法の見直し、意匠法における保護対象の拡充等の規定の施行期日を定めるものです。

1. 本政令の概要

特許法等の一部を改正する法律附則第1条本文において、同条ただし書において規定する条項を除き、「公布の日から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日」から施行すると規定しています。本政令により、当該施行期日を令和2年4月1日と定めます。

2. 公布日及び施行期日

  • 公布日:令和元年11月7日(木曜日)
  • 施行期日:令和2年4月1日(水曜日)
    ※附則第1条ただし書において規定する条項を除く。

掲載資料

関連リンク

[更新日 2019年11月7日]

お問い合わせ

特許庁総務部総務課制度審議室

電話:03-3581-1101 内線2118

FAX:03-3501-0624

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。