• 用語解説

ここから本文です。

PCT国際調査及び予備審査ハンドブック

令和3年7月
特許庁
調整課
審査基準室

このたび、「PCT国際調査及び予備審査ハンドブック」(以下、「PCTハンドブック」といいます。)を改訂しましたので、掲載いたします。

令和2年1月以降の書類の様式変更

令和2年1月に国際調査及び国際予備審査で作成される書類の様式変更(ISA/203、ISA/206、ISA/210、ISA/217、ISA/220、ISA/237、番外2、IPEA/408、IPEA/409、IPEA/416)が行われました。

様式変更の主なポイントは以下のとおりです。

  • (1)ISRにおいて、関連すると認められる文献のパテントファミリーは、「パテントファミリー用別紙」にまとめて記載されます。
  • (2)ISRやISA見解書等の「発明の属する分野の分類」の欄に、国際特許分類に加えてFI(国際特許分類を基礎として、日本独自に細展開した分類)及びファセット分類記号(FIの所定の範囲を、FIとは異なる観点から展開した分類記号)が記載されます。
  • (3)従前、ISA見解書やIPERの第V欄(新規性・進歩性等の見解、それを裏付ける文献及び説明)等において、ページ内に記載が収まらなかった場合には、「補充欄」を用いていました。今後、記載分量に応じて欄の大きさが変わる様式となりますので、原則、第V欄等のページの続きを「補充欄」を用いて記載することは行いません。

※なお、様式が変わる書類は、従前のものと比較して見た目も変わります。

パテントファミリー用別紙 イメージ

パテントファミリー用別紙のイメージ画像

発明の属する分野の分類 イメージ

発明の属する分野の分類のイメージ画像

見解書等の第V欄 イメージ

見解書等の第V欄のイメージ画像

英語版ページ(Handbook for PCT International Search and Preliminary Examination in the Japan Patent Office)

1. PCTハンドブックについて

PCT制度に基づく国際出願件数が着実に増加し、国際調査機関及び国際予備審査機関における業務手順や判断基準等を明確化して、公開する必要性が高まっていたところ、国際調査機関及び国際予備審査機関としての我が国特許庁における審査官業務の適正かつ円滑な運用を促進させるとともに、その手続の透明性及び予見性を一層向上させるため、PCTハンドブックが作成されました。

PCT制度に基づく国際出願の手続については、国際的には、特許協力条約(Patent Cooperation Treaty,PCT)、規則、実施細則等によって定められており、また我が国においては、特許庁と出願人との間における手続を定めるため、「特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律」のほか、施行令及び施行規則が制定されています。

PCTハンドブックでは、上記条約、法律等の規定を引用しつつ、我が国特許庁における国際調査機関及び国際予備審査機関としての業務手順や判断基準について解説しています。

2. 改訂履歴

年月 改訂内容等
2021年7月 インド特許庁を受理官庁とした国際出願における国際調査・国際予備審査の管轄開始に伴う改訂
2020年12月 面接等の実施方法の変更に伴う改訂
2020年7月 「PCT規則」及び「PCT国際調査及び予備審査ガイドライン」の改訂に伴う形式的な改訂
2020年1月 国際調査及び国際予備審査で作成される書類の様式変更に伴う改訂
2018年10月 「PCT国際調査及び予備審査ガイドライン」の改訂に伴う形式的な改訂
2018年4月 誤記の訂正のための形式的な改訂
2017年8月
  • 面接等に係る記録(ISA/207及びIPEA/428)における委任状の取扱いの明確化に伴う改訂
  • 面接等に係る通知書(IPEA/427及びIPEA/429)において指定する応答期間等の明確化に伴う改訂
2017年1月
  • WIPO標準ST.14の改正に伴う、別紙B.2「非特許文献」の改訂
  • 様式番外2の変更に伴う、§5.1「先の調査等の結果の利用(番外2)」の改訂
  • その他の様式変更等に伴う、形式的な改訂
2016年4月 国際出願法の改正等に対応するための形式的な改訂
2016年1月 国際調査報告等の様式の変更(国際調査等の基礎とした配列表の表示方法の変更等)や、「PCT国際調査及び予備審査ガイドライン」の改訂に伴う同ガイドラインへの参照箇所の変更等に対応するための形式的な改訂
2015年10月 PCTハンドブックの策定・公表

[更新日 2021年7月1日]

お問い合わせ

特許庁調整課審査基準室

電話:03-3581-1101 内線3112

FAX:03-3580-8122

お問い合わせフォーム