• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 特許> 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願> 国際調査・国際予備審査> 2019年7月1日以降に国際予備審査請求を行う際の注意点~国際予備審査請求書「第Ⅳ欄4.」のチェックについて~

ここから本文です。

2019年7月1日以降に国際予備審査請求を行う際の注意点
~国際予備審査請求書「第Ⅳ欄4.」のチェックについて~

2019年6月

国際予備審査の開始について定めたPCT第69規則が改正され、2019年7月1日に施行されます。

これにより、施行日以降に国際予備審査請求を行う場合、国際予備審査機関が必要な書類及び手数料を全て受領した時点で国際予備審査が開始されます。

※現在は、必要な書類等を全て受領しても、原則、国際予備審査請求期間の満了後に国際予備審査が開始されます。

本規則改正に伴い、国際予備審査請求書の様式中、「第Ⅳ欄4.」の記載が変更となる予定です。2019年7月1日以降に国際予備審査請求を行う場合は、以下の点にご注意ください

紙書類で手続きする場合

2019年7月1日から、国際予備審査請求書の「第Ⅳ欄4.」の記載は以下のとおり変更となります。

現在の記載(現様式)

『4.□ 出願人が国際予備審査を規則54の2.1(a)に基づき適用される期間の満了よりも早く開始することを明示的に希望する。』

※国際予備審査請求期間の満了前に、国際予備審査の開始を希望する場合、□にチェックをつけてください。

2019年7月1日以降の記載(新様式)

『4.□ 出願人は、規則54の2.1(a)に基づき適用される期間の満了まで国際予備審査の開始を延期することを明示的に希望する。』

※国際予備審査請求期間が満了する時まで、国際予備審査の開始を延期したい場合、□にチェックをつけてください(チェックがない場合、全ての書類等を受領した時点で、国際予備審査が開始されます)。

なお、新様式に対応した国際予備審査請求書のファイルは、現在準備中です。2019年7月1日以降、「国際出願願書/国際予備審査請求書の様式」からダウンロードいただけます。

紙書類で手続きする場合の「第Ⅳ欄4.」の記載方法

  新様式(2019.7~)を利用して請求 現様式を利用して請求
国際予備審査請求期間の満了前に、国際予備審査の開始を希望する場合 チェック不要 チェック必要
国際予備審査請求期間が満了する時まで、国際予備審査の開始を希望しない場合 チェック必要 チェック不要

インターネット出願ソフトで手続きする場合

インターネット出願ソフトは、2019年7月1日の規則改正には対応しておりません。そのため、同日以降も以下のように記載されています(2020年4月に、規則改正の内容を反映した様式に切り替わる予定です)。

現在の記載(現様式)

『4.□ 出願人が国際予備審査を規則54の2.1(a)に基づき適用される期間の満了よりも早く開始することを明示的に希望する。』

よって、国際予備審査請求期間の満了前に、国際予備審査の開始を希望する場合には、従来どおり、「第Ⅳ欄4.」の□にチェックを入れてください。(チェックがない場合、国際予備審査請求期間の満了まで、国際予備審査は開始されませんのでご注意ください)。

インターネット出願ソフトで手続きする場合の「第Ⅳ欄4.」の記載方法

現様式のみ利用可能
国際予備審査請求期間の満了前に、国際予備審査の開始を希望する場合 チェック必要 チェック必要
国際予備審査請求期間が満了する時まで、国際予備審査の開始を希望しない場合 チェック不要 チェック不要
インターネット出願ソフトの画面(イメージ)

インターネット出願ソフトの画面

[更新日 2019年6月3日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部 出願課 国際出願室 受理官庁

電話:03-3581-1101 内線2643

FAX:03-3501-0659

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。