• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 特許> 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願> PCT国際出願手続> PCT国際出願関連書類への署名方法及び署名する場合の留意点

ここから本文です。

PCT国際出願関連書類への署名方法及び署名する場合の留意点

2021年1月

押印を求める手続の見直し等の結果を踏まえた「特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律施行規則」の改正により、2020年12月28日(月曜日)から、特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の願書や中間手続書類を書面で提出する際には、出願人、代理人又は共通の代表者による「押印」に加えて「署名」での手続も可能となりました。また、手続書類に証明書(委任状、譲渡証書等)の添付が必要となる場合、当該証明書についても、「押印」もしくは「署名」で手続いただけます。
具体的な署名方法や留意点は以下のとおりです。詳細は「良好な署名例」をご参照ください。
なお、押印で手続される場合は、これまでと変更ありません。

署名方法

  • 署名者の氏名を必ずタイプ印字した上で署名してください。
    <例>
    国際 太郎 (署名:国際 太郎(署名イメージ)
  • 署名権限のある者(法人の代表者や弁理士等)による書面への自筆(手書き)での署名に加え、以下も署名に該当します。
    • 署名権限のある者による手書きの署名部分をスキャン等によって画像データ化しておき、書面作成時に当該画像データを貼付し、印刷したもの。
    • 署名権限のある者による手書きの署名部分をゴム印等のスタンプ状にしておき、書面作成後に当該ゴム印等でスタンプしたもの。

法人を代表して署名する場合の留意事項

  • 法人を代表して署名する場合には、署名者の氏名に加えて、署名者の属する法人名、署名者の肩書(代表取締役等)もタイプ印字した上で署名してください。
    <例>
    株式会社東京製作所
    代表取締役 国際 太郎 (署名:国際 太郎(署名イメージ)
  • 代表権限のある者(代表取締役等)だけでなく、代表者から署名をする権限を付与されている者による署名も可能です。なお、署名者の権限に疑義がある場合には確認させていただくことがございます。

良好な署名例

[更新日 2021年4月15日]

お問い合わせ

審査業務部出願課国際出願室受理官庁

電話:03-3581-1101 内線2643

FAX:03-3501-0659

お問い合わせフォーム