• 用語解説

ここから本文です。

商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕

令和4年9月
商標課 商標国際分類室

「標章の登録のための商品及びサービスの国際分類に関するニース協定」に基づく国際分類は、世界知的所有権機関(WIPO)で開催された第31会期ニース国際分類専門家委員会において改訂が決定され、令和4年1月に第11-2022版が発効しました。

そして、この国際分類の改訂にあわせて、商標法施行規則別表も改正され、令和3年経済産業省令第82号(令和3年12月15日公布)が令和4年1月1日に施行され、また、同施行規則の改正に対応した「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2022版対応〕」を作成しています。

そこで、この度、商品及び役務の区分や商品又は役務の表示に関する理解の一助として、「類似商品・役務審査基準〔国際分類第11-2022版対応〕」に掲載された商品及び役務をベースにした「商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕」を作成し、公表することといたしました。

商品及び役務の区分解説〔国際分類第11-2022版対応〕

本解説は令和4年1月1日以降の出願に適用されます。

なお、本解説に記載されている考え方は、基本的事項をお示ししたものです。また、本解説の公表後、運用に変更が生じる場合がございますので、御留意ください。

[更新日 2022年11月9日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課商標国際分類室

電話:03-3581-1101 内線2836

FAX:03-3588-8503

お問い合わせフォーム