• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 審判> 口頭審理> 口頭審理・証拠調べの傍聴について

ここから本文です。

口頭審理・証拠調べの傍聴について

傍聴したいとき

口頭審理・証拠調べは原則公開で行われますので、どなたでも傍聴することができます。しかし、座席の数に限りがありますので、満席となった場合には傍聴をお断りすることがあります。
(座席の予約・整理券の配布はしておりません。)

  • 特許庁審判廷(特許庁庁舎16階)20席程度 ※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため座席数を半数程度に縮小しています。
  • 特許庁第1審判廷(経済産業省別館1階)25席程度 ※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため座席数を縮小しています。
  • 特許庁第2審判廷(経済産業省別館1階)10席程度 ※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため座席数を縮小しています。

傍聴する際の注意

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、傍聴される方は「口頭審理期日における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止へご協力のお願い」のご一読をお願いします。
  • 傍聴される方は、開廷時間の5分前までに審判廷にお入りください。
  • 審判廷内では、審判長が秩序を保つため指示を出す場合がありますので、その指示に従ってください。
  • 口頭審理中の撮影・録音等はできません。
  • 携帯電話をお持ちの方は、電源をお切りください。
  • 審判廷内では、審理の妨げとならないよう、大きな声で話したり、大きな音を立てたりしないでください。
  • 開廷中は、審理の妨げにならないよう静かに出入してください。
  • 審判廷内での飲食は、御遠慮ください(水分補給は差し支えありません)。

[更新日 2020年11月12日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課特許侵害業務室

電話:03-3581-1101 内線5801

お問い合わせフォーム