• 用語解説

ホーム> 支援情報・活用事例> 大学・研究機関向け情報> 知財戦略デザイナー派遣事業

ここから本文です。

知財戦略デザイナー派遣事業

2019年度より、特許庁は、大学の優れた研究成果を発掘し、研究者目線で知財戦略をデザインする知財戦略デザイナーを派遣しています。

(図)事業イメージ

1. 知財戦略デザイナー派遣事業の概要

大学の優れた「知」である研究成果を、広く社会へ還元し、更なる研究の発展や社会実装へとつなげていくために、知的財産権が重要な役割を担います。

本事業では、大学の「知」の取り扱いに精通した知財戦略デザイナーがリサーチ・アドミニストレーター(URA)をはじめとする研究支援担当者とチームを組み、知見やノウハウを共有しながら、知的財産権の保護が図られていない研究成果の発掘を行います。知財戦略デザイナーは、研究者に、その研究成果が大きく花開く、例えば大型共同研究への発展や事業化などの未来展望を提案します。そして、研究者が目指したい未来を実現するため、保護すべき研究成果や知財取得のタイミングなどの知財戦略を研究者目線でデザインし、知的財産権の活用を通じた社会的価値・経済的価値の創出を支援します。

さらに、本事業全体を通して得られた知見やノウハウを広め、優れた研究成果の発掘、知財戦略に基づく更なる研究の発展や社会実装の推進に取り組む大学を支援していきます。

2. オンデマンド型派遣の公募

令和4年度知財戦略デザイナー派遣事業では、知財戦略デザイナーを派遣し、短期間(最大5日)の支援を行う、知財戦略デザイナーの「オンデマンド型派遣」を実施いたします。

対象となる案件は、支援対象が明確に確定している案件、学際領域・複合領域の研究テーマへの支援を求められている案件、令和4年度知財戦略デザイナー派遣先大学に派遣された知財戦略デザイナー以外の専門性・スキルが求められている案件等です。また、対象となる大学は、令和元年度~令和4年度知財戦略デザイナー派遣事業の応募大学、令和4年度知財戦略デザイナーの派遣先大学から紹介を受けた大学です。

オンデマンド型派遣の公募等の詳細については、以下の事務局(株式会社NTTデータ経営研究所)ウェブサイトから御覧いただけます。

事務局ウェブサイト(外部サイトへリンク)

3. 知財戦略デザイナー派遣事業ナレッジ集

知財戦略デザイナー派遣事業において得られた知見(ナレッジ)をとりまとめたナレッジ集を公表しています。

本ナレッジ集を大学の研究支援や産学連携に携わる方々に参考にしていただき、大学における研究成果の発掘、知財戦略に基づく更なる研究の発展や社会実装推進の一助としていただければ幸いです。

2021ナレッジ集

「知財戦略デザイナー派遣事業2021ナレッジ集 大学研究成果の社会実装マニュアル~誰も教えてくれない発明発掘・特許出願戦略~」ダウンロード(PDF:5,976KB)

「知財戦略デザイナー派遣事業2021ナレッジ集(概要版) 大学研究成果の社会実装マニュアル~誰も教えてくれない発明発掘・特許出願戦略~」ダウンロード(PDF:1,814KB)

2020ナレッジ集

「知財戦略デザイナー派遣事業2020ナレッジ集 ~大学の埋もれた知的財産からイノベーションを創出していくために~」ダウンロード(PDF:6,219KB)

2019ナレッジ集

「知財戦略デザイナー派遣事業2019ナレッジ集 ~大学の埋もれた知的財産からイノベーションを創出していくために~」ダウンロード(PDF:947KB)

4. 令和4年度 知財戦略デザイナーの派遣先大学

令和4年度知財戦略デザイナーの派遣先大学に応募いただいた大学について、厳正な審査を行った結果、以下の18大学を採択いたしました(五十音順)。

大阪大学、大阪工業大学、大阪公立大学、北里大学、岐阜大学、九州大学、京都大学、信州大学、東京大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京農業大学、東北大学、奈良先端科学技術大学院大学、日本医科大学、北海道大学、三重大学、立命館大学

以上

5. 令和4年度 知財戦略デザイナー

上記派遣先大学に派遣する令和4年度知財戦略デザイナーとして14名を選定いたしました。

令和4年度の知財戦略デザイナーは、以下のウェブサイトからご覧いただけます。

事務局ウェブサイト(外部サイトへリンク)

6. (参考)令和4年度 知財戦略デザイナーの派遣先大学公募の資料

令和4年度知財戦略デザイナーの派遣先大学の公募は、令和4年5月2日に終了いたしました。

公募時の資料は以下のとおりです。

公募資料

[更新日 2022年8月25日]

お問い合わせ

特許庁総務部企画調査課活用企画班

TEL:03-3581-1101(内)2165

お問い合わせフォーム