• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 法令・施策> 施策・取組> 特許・意匠・商標情報データ提供関連> APIを利用した特許情報の試行提供を開始します

ここから本文です。

APIを利用した特許情報の試行提供を開始します

令和4年1月より、特許庁の保有する特許情報の更なる活用を促進するため、APIを利用した特許情報の試行提供を開始します。APIにより、ユーザによる特許情報の柔軟な利用が可能となり、知的創造サイクルが活性化し、更なるイノベーションが促進されることが期待されます。

本APIにより、日本国内の特許の書誌情報や経過情報、書類実体(拒絶理由通知書、拒絶査定等の発送書類、補正書、意見書等の提出書類の本文)等が取得可能であり、自己の特許管理、他者の特許出願の監視等に役立てることが可能です。APIの有用性や利用者のニーズを確認するための試行提供であるため、本APIを利用したアクセス量には制限があるとともに、利用者登録が必要です。また、利用者にはアンケートにご協力をお願いします。

令和3年11月8日
特許庁総務部総務課情報技術統括室

利用条件等

APIに関する利用条件等は(1)利用規約、(2)利用の手引きで、また、APIに関するお知らせや仕様書等の情報は(3)API情報提供サイトで確認してください。

利用方法

APIの利用を希望される方は、利用申込書に必要事項を入力(利用規約への同意が必要)し、特許情報企画調査班(PA0630@jpo.go.jp)へ電子メールで送付してください。
その際、メールタイトルは「特許情報取得API利用申込」としてください。追って、特許情報企画調査班から、利用登録に関する確認の連絡を行います。

なお、申込みは本日より開始しますが、APIの利用開始は令和4年1月11日からとなる予定ですので、予めご了承ください。

オンライン説明会(令和4年12月10日更新)

本APIに関するオンライン説明会を、11月19日、26日に開催しました。

説明会資料を掲載しますので参考にしてください。

[更新日 2021年12月10日]

お問い合わせ

総務課 情報技術統括室 特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム