• 用語解説

ここから本文です。

APIを利用した特許情報の試行提供

令和4年1月より、特許庁の保有する特許情報の更なる活用を促進するため、APIを利用した特許情報の試行提供を開始しています。APIにより、ユーザによる特許情報の柔軟な利用が可能となり、知的創造サイクルが活性化し、更なるイノベーションが促進されることが期待されます。

本APIにより、日本国内の特許の書誌情報や経過情報、書類実体(拒絶理由通知書、拒絶査定等の発送書類、補正書、意見書等の提出書類の本文)等が取得可能であり、自己の特許管理、他者の特許出願の監視等に役立てることが可能です。APIの有用性や利用者のニーズを確認するための試行提供であるため、本APIを利用したアクセス量には制限があるとともに、利用者登録が必要です。また、利用者にはアンケートにご協力をお願いします。

令和3年11月8日
特許庁総務部総務課情報技術統括室

試行提供の状況について(令和4年9月14日更新)

特許情報取得APIは、様々な属性を有する方に活用いただいており、利用者やアクセス量も徐々に増加しています。他方、試行提供が1年で終了しうることやアクセス量の制限等により、利用を断念したとの意見もあります。
そこで、以下のとおりの運用変更を行うこととしました。

  • APIによる特許情報の提供は廃止することなく継続します。
  • 一定の条件を満たす情報提供事業者に対してアクセス上限の緩和を行います。

詳細については、利用の手引き第1.2版(主な更新箇所:3. 利用条件(2)利用登録)をご確認ください。
また、当該運用変更に関するオンライン説明会も実施します。

利用条件等

APIに関する利用条件等は(1)利用規約、(2)利用の手引きで、また、APIに関するお知らせや仕様書等の情報は(3)API情報提供サイトで確認してください。

利用方法

APIの利用を希望される方は、利用申込書に必要事項を入力(利用規約への同意が必要)し、特許情報企画調査班(PA0630@jpo.go.jp)へ電子メールで送付してください。
その際、メールタイトルは「特許情報取得API利用申込」としてください。追って、特許情報企画調査班から、利用登録に関する確認の連絡を行います。

オンライン説明会(令和4年10月3日更新)

本APIのオンライン説明会を、令和4年9月28日に開催しました。
説明会資料を掲載しますので参考にしてください。
API説明会資料(PDF:1,076KB)

[更新日 2022年10月3日]

お問い合わせ

総務課 情報技術統括室 特許情報企画調査班

TEL:03-3581-1101 内線2361

お問い合わせフォーム