• 用語解説

ここから本文です。

国際出願関係手数料改定のお知らせ

「国際出願関係手数料表」も御覧ください。

2022年10月
特許庁出願課国際出願室

(2022年10月3日付)国際出願手数料、取扱手数料

2022年11月1日から、国際出願関係手数料が以下のとおり改定されます。2022年11月以降に本手数料の納付をする場合は、手数料の額及び適用関係に御注意をお願いします。

1. 国際出願手数料

2022年10月31日以前 2022年11月1日以降
国際出願手数料(最初の30枚まで) 179,000円 190,300円
30枚を超える1枚につき 2,000円 2,100円
オンライン出願した場合における減額 40,400円 42,900円

注1)国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

2. 取扱手数料

2022年10月31日以前 2022年11月1日以降
取扱手数料 26,900円 28,600円

注2)納付日に有効な手数料が適用されます。電子現金納付又は現金納付を利用した場合、改定前の料金で払い込みを行っても、その払い込みに利用した納付番号又は納付書番号を記載した予備審査請求書又は手数料納付書を提出するまでの間に手数料改定があった場合は、改定後の手数料との差額の調整が必要になりますので御注意ください。

(2022年8月1日付)日本国特許庁以外の国際調査機関が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年9月1日から、国際出願関係手数料が以下のとおり改定されます。2022年9月以降に本手数料の納付をする場合は、手数料の額及び適用関係に御注意をお願いします。

日本国特許庁以外の国際調査機関が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年8月31日以前 2022年9月1日以降
調査手数料(SG) 206,300円 217,300円

注1)国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

(2022年7月1日付)日本国特許庁以外の国際調査機関が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年8月1日から、国際出願関係手数料が以下のとおり改定されます。2022年8月以降に本手数料の納付をする場合は、手数料の額及び適用関係に御注意をお願いします。

日本国特許庁以外の国際調査機関が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年7月31日以前 2022年8月1日以降
調査手数料(EP) 229,300円 245,500円

注1)国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

(2022年6月1日付)国際出願手数料、取扱手数料、日本国特許庁以外の国際調査機関が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年7月1日から、国際出願関係手数料が以下のとおり改定されます。2022年7月以降に本手数料の納付をする場合は、手数料の額及び適用関係に御注意をお願いします。

※本改定は最近の継続的な円安に伴う調整によるものであり、値上げ幅が大きくなっております。改定内容の詳細はWIPOのホームページ(2022年5月5日付PCTガゼット)(外部サイトへリンク)を御参照ください。

1.国際出願手数料

2022年6月30日以前 2022年7月1日以降
国際出願手数料(最初の30枚まで) 159,500円 179,000円
30枚を超える1枚につき 1,800円 2,000円
オンライン出願した場合における減額 36,000円 40,400円

注1)国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

2.取扱手数料

2022年6月30日以前 2022年7月1日以降
取扱手数料 24,000円 26,900円

注2)納付日に有効な手数料が適用されます。電子現金納付又は現金納付を利用した場合、改定前の料金で払い込みを行っても、その払い込みに利用した納付番号又は納付書番号を記載した予備審査請求書又は手数料納付書を提出するまでの間に手数料改定があった場合は、改定後の手数料との差額の調整が必要になりますので御注意ください。

3.日本国特許庁以外の国際調査機関が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年6月30日以前 2022年7月1日以降
調査手数料(SG) 183,300円 206,300円
調査手数料(IN) 14,900円(法人の場合)
3,700円(個人の場合)
16,600円(法人の場合)
4,200円(個人の場合)

注3)国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。
注4)シンガポール知的財産庁及びインド特許庁を国際調査機関とする国際出願をオンラインで提出する場合は、管轄国際調査機関の選択方法や手数料テーブルの修正方法等について注意すべき点がございます。お手数ですが、出願前に特許庁受理官庁までお問い合わせください。

(2022年3月1日付)送付手数料、日本国特許庁が国際調査を行う場合の調査手数料、国際調査の追加手数料、予備審査手数料、予備審査の追加手数料

2022年4月1日から、国際出願関係手数料が以下のとおり改定されます。2022年4月以降に本手数料の納付をする場合は、手数料の額及び適用関係に御注意をお願いします。

1.送付手数料

2022年3月31日以前 2022年4月1日以降
国際出願1件につき 10,000円 17,000円
  • 注1) 国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

2.日本国特許庁が国際調査を行う場合の調査手数料

2022年3月31日以前 2022年4月1日以降
国際出願(日本語)1件につき 70,000円 143,000円
国際出願(英語)1件につき 156,000円 169,000円
  • 注2) 国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

3.日本国特許庁が国際調査を行う場合の国際調査の追加手数料

2022年3月31日以前 2022年4月1日以降
国際出願(日本語)1件につき 60,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
105,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
国際出願(英語)1件につき 126,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
168,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
  • 注3) 国際出願が受理された日に有効な手数料が適用されます。

4.日本国特許庁が国際予備審査を行う場合の予備審査手数料

2022年3月31日以前 2022年4月1日以降
国際出願(日本語)1件につき 26,000円 34,000円
国際出願(英語)1件につき 58,000円 69,000円
  • 注4)予備審査手数料が納付された日に有効な手数料が適用されます。

5.日本国特許庁が国際予備審査を行う場合の予備審査の追加手数料

2022年3月31日以前 2022年4月1日以降
国際出願(日本語)1件につき 15,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
28,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
国際出願(英語)1件につき 34,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
45,000円×
(請求の範囲の発明の数-1)
  • 注5)予備審査手数料が納付された日に有効な手数料が適用されます。

インターネット出願ソフトを御利用の皆様へ

オンライン出願する際は、手数料の表示額が出願する時点で適用される国際出願関係手数料表の金額になっているか確認してください。
表示額の修正方法は電子出願ソフトサポートサイトの「ユーザーガイド」から「国際出願の料金表メンテナンス(外部サイトへリンク)」を御参照ください。

[更新日 2022年10月3日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部出願課国際出願室受理官庁

TEL:03-3581-1101 内線2643

FAX:03-3501-0659

お問い合わせフォーム