• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 特許> 審査> 情報提供制度> 情報提供に関するQ&A

ここから本文です。

情報提供に関するQ&A

4. 情報提供に関するQ&A

問1

問)電子出願ソフトを用いた情報提供、郵送での情報提供のどちらの場合でも、匿名性は担保されますか?

答) 電子出願ソフトを用いた情報提供、郵送での情報提供のどちらの場合でも、匿名性は担保されます。詳細に関して、電子出願ソフトを用いた情報提供については問2、問3を、郵送での情報提供については問4をご覧ください。

問2

問)電子出願ソフトを用いた情報提供の場合、匿名で書類を作成しても、オンライン提出時には電子証明書を使用するため、提出時に使用した電子証明書を有する者の氏名が記載された受領書が、その電子証明書を有する提出者宛に届きます。
この受領書は、閲覧の対象になっていますか?
また、閲覧照会やJ-Plat Patの審査書類情報照会において、識別番号や送信に用いられたパソコンを特定するような情報は表示されますか?

答) 受領書は提出者に対しての受領した旨の通知であり、閲覧対象にはなっておりません。
また、閲覧照会やJ-Plat Patの審査書類情報照会においても、識別番号や送信者を特定できるような情報は表示されません。

問3

問) 電子出願ソフトを用いて匿名で情報提供を行った場合、刊行物等提出書は、送信時に使われた識別番号が記載された状態で担当審査官に配布されますか?

答) 送信者の識別番号は、情報提供に関するデータのひとつとして庁内データベースに取り込まれます。ただし、識別番号などの提出者の情報は審査官に配布されず、外部にも提供されません。

問4

問) 郵送で情報提供を行った場合、郵送に用いられた封筒はデータエントリーされますか?

答) 郵送時使用された封筒のデータエントリーは行われません。

[更新日 2023年10月19日]