• 用語解説

ここから本文です。

商標登録第5012851号 蓼科温泉(たてしなおんせん)

商標

蓼科温泉

権利者

蓼科温泉旅館協同組合(長野県茅野市北山4035番地)

指定商品又は指定役務

蓼科における温泉宿泊施設の提供

写真:蓼科温泉

連絡先・関連ウェブサイト

商品・サービスの特徴

蓼科山の山麓、滝の湯川に沿う温泉の総称で、豊富な湯量と確かな効能で、古くから保養地として賑わって来た。坂上田村麻呂が発見したとか、武田信玄の隠し湯との歴史も伝えられている。泉質は源泉によって異なるが、酸性泉と単純泉が主、泉温は30~60度、筋肉痛、神経痛、糖尿病、リューマチ・胃腸病にも効く。肌がすべすべになり、皮膚病にも良い。また豊富な天然泉を利用した露天風呂や各種温泉施設をもつ宿も多く、高原に点在する温泉地としてさわやかなイメージをもっている。

[更新日 2020年3月16日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課

地域ブランド推進室

電話:03-3581-1101 内線2828

FAX:03-3580-5907

お問い合わせフォーム

商標登録第5012851号 蓼科温泉(たてしなおんせん) | 経済産業省 特許庁