• 用語解説

ここから本文です。

商標登録第5165413号 吉野杉箸(よしのすぎばし)

商標

吉野杉箸

権利者

  • 吉野杉箸商工業協同組合(奈良県吉野郡下市町大字下市3075番地の7)
  • 奈良県下市製箸協同組合(奈良県吉野郡下市町善城140番地)

指定商品又は指定役務

吉野産杉材を使用し、同地方で生産された杉箸

写真:吉野杉箸

連絡先・関連ウェブサイト

商品・サービスの特徴

「吉野杉箸」の起源は古く、吉野に遷幸された後醍醐天皇に杉箸を献上したところ、大変お気に召され朝夕愛用されたことに始まります。明治になり外食の広がりと歩調を合わせ、酒樽の端材を利用し大量に生産され始め、全国に広まり、吉野地方は「杉箸の町」として知られるようになりました。現在は主に建築材の端材を利用し、「吉野杉箸」として日本の食文化には欠くことのできない名脇役の存在となっております。また、今世界中で環境問題の改善が声高に求められていますが、国産材を利用する事を通じて森作りを促進し、美しい空気、美しい水を守っています。「吉野杉箸」ならではの美しい柾目と独特の芳香、そして光沢は箸の王者にふさわしい逸品、料理と味覚をいっそう引き立てて、もてなしのお手伝いをするものと確信しています。

[更新日 2020年3月16日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課

地域ブランド推進室

電話:03-3581-1101 内線2828

FAX:03-3580-5907

お問い合わせフォーム