• 用語解説

ここから本文です。

商標登録第5282932号 因州和紙(いんしゅうわし)

商標

因州和紙

権利者

鳥取県因州和紙協同組合(鳥取県鳥取市気高町勝見670-22)

指定商品又は指定役務

鳥取県鳥取市及びその周辺地域で生産される和紙・印刷用和紙・和紙製の葉書・封筒・便箋・一筆箋・メモ帳・名刺用紙・しおり・箸袋・色紙・巻紙・ランチョンマット・書道半紙・画仙紙・短冊・コースター・賞状用紙・立体抄きの和紙

写真:因州和紙

連絡先・関連ウェブサイト

商品・サービスの特徴

「因州和紙」の起源は、古くは奈良時代の正倉院文書の中に因幡の国で抄紙されたと推測される紙が保存され、平安時代の「延喜式」に因幡の国から朝廷に紙が献上されたという記録があります。江戸時代には藩の御用紙としても生産され、第二次世界大戦中にはその楮紙抄造技術が優秀と認められ「気球原紙」の生産を政府から依頼されたほどです。戦後、画仙紙等の書道用紙と工芸紙、染色紙を開発し、その優れた品質は、他産地の製品を圧倒し、現在でも、全国の多くの和紙愛好家や書道家に愛用されています。最近では、壁紙や和紙照明などのインテリア分野にも進出し、伝統の中に現代的な機能や技法を積極的に取り入れ、注目を受けています。

[更新日 2020年3月16日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部商標課

地域ブランド推進室

電話:03-3581-1101 内線2828

FAX:03-3580-5907

お問い合わせフォーム