• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 商標> 【商標の国際出願】マドリッド協定議定書による国際出願> 【商標の国際出願】様式> 【商標の国際出願】指定商品(役務)の分類・表示欠陥通報に対する応答書面様式

ここから本文です。

【商標の国際出願】指定商品(役務)の分類・表示欠陥通報に対する応答書面様式

令和3年1月
国際意匠・商標出願室

標章の国際登録に関するマドリッド協定議定書(マドリッドプロトコル)に基づく国際登録出願等に対し、WIPO国際事務局から、「欠陥通報(NOTICE CONCERNING AN INTERNATIONAL APPLICATION)」を受領した場合に、本国官庁に提出が必要となる応答書面の様式を掲載します。

(1)欠陥通報の種類と必要な応答手続

欠陥通報には、[1]指定商品(役務)の分類に関する欠陥通報、[2]指定商品(役務)の表示に関する欠陥通報、[3]手数料に関する欠陥通報、[4]その他の欠陥通報があります。

このうち[1][2]については、国際事務局による欠陥通報発送日から1か月以内に本国官庁に意見書又は是正提案書を提出してください。出願人/代理人は国際事務局に直接意見を述べることはできません(本国官庁において、応答後の商品役務が基礎出願/登録の範囲を超えないか確認します)。

[3][4]については、欠陥通報で指示された方法及び期限に従い、WIPO国際事務局に直接手続してください。WIPO国際事務局への手続については、「WIPOへの問い合わせ・各種様式の提出」も併せて御参照ください。

欠陥の内容 応答手続 応答様式
[1] 指定商品(役務)の分類に関する欠陥(Rule12) 意見書を本国官庁に提出 意見書
ワード:50KB)(PDF:201KB
[2] 指定商品(役務)の表示に関する欠陥(Rule13) 是正提案書を本国官庁に提出 是正提案書
ワード:50KB)(PDF:201KB
[3] 手数料納付に関する欠陥(Rule11) 欠陥通報で指示された方法に従いWIPO国際事務局に直接手続
[4] その他の欠陥(注1)
  • 注1 主な「その他の欠陥通報」の内容:標章が不鮮明である [Rule9(4)(a)(v)]、色彩の主張をしている場合で主張する色彩又はその組合せに関する表記がない[Rule9(4)(a)(vii)]、標章がラテン文字等以外の文字(漢字・カナ・ひらがな等)を含む場合で標章のラテン文字等への音訳の表記がない[Rule9(4)(a)(xii)]

(2)欠陥通報に応答する際の注意点等

  • 1通の欠陥通報に[1]と[2]が同時に含まれる場合は、「意見書」として一通にまとめて本国官庁に提出してください。ただし、[4]が同時に含まれる場合、[4]については、欠陥通報で指示された方法及び期限に従い、WIPO国際事務局に直接手続してください。
  • 欠陥通報を受領した出願人/代理人は、指定された期間内(通常、WIPO国際事務局による欠陥通報発送日から3か月以内)に欠陥を解消しなければなりません。適切な手続を行わなければ、国際事務局により国際登録出願は放棄されたものとみなされることがありますので御注意ください。
  • 本国官庁に対する意見書又は是正提案書の提出期限は、本国官庁における応答書面の確認と、応答書面に不備があった場合の出願人/代理人への連絡に要する時間を考慮して設定しております。期限までに応答書面を提出できない場合には、本国官庁まで御相談ください。
  • 2021年2月1日以降にWIPOが発出した欠陥通報については、従前行っていた本国官庁から代理人又は出願人に対する、欠陥通報の写し及び応答に用いる様式の郵送を廃止しました。WIPOからの欠陥通報を受領次第、速やかに応答書面を御準備ください。

[更新日 2021年1月22日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部 国際意匠・商標出願室

電話: 03-3581-1101 内線2671, 2672

FAX: 03-3580-8033

お問い合わせフォーム