• 用語解説

ここから本文です。

日本全国のみなさま、
お待たせしました。

オンライン庁内見学 オープン!

東京都内に立地する特許庁。
どうしても、気軽にお越しいただける方は限られます。
お越しいただくことが難しいみなさまにも、
特許庁の仕事や知財のおもしろさ、
私たちが日々向き合うことをご紹介したい…!
そこで、オンラインで参加いただける
庁内見学コースを立ち上げました。

全国のみなさまと画面越しにお会いできるのを、
私たちも楽しみにしています!

ホーム > お知らせ > 広報/災害関連情報 > 特許庁見学のご案内

特許庁ってどんなところ?何をしているの?特許庁見学

特許庁ってどんなところ?

「知財」と聞くと、何やら難しそう、
自分には関係なさそう…
そんな印象を持つ人も多いかもしれませんが、
実は私たちの生活のさまざまな場面で「知財」が活かされています!

知財をもっと身近に感じていただきたい。
そんな想いから、
私たち特許庁は来庁とオンライン、
ふたつの見学コースをご用意しています。
なお、現在はオンラインでの見学のみを受け付けております。

気づきや発見が止まらない!
意外と身近で面白い知財の世界を
ぜひお楽しみください。

? Q&A

特許庁って何をしてるの?

特許庁では、新しい機械や薬のような発明(「特許権」)、バイクの形のようなデザイン(「意匠権」)、会社や商品の名前を表す商標(「商標権」)などの知財(「知的財産権」)を守るため、約3000人の職員が働いています。特許庁は、世界各国から受け付けた特許・意匠・商標などの出願について審査し、これらの権利を適切に守ることで日本・世界のビジネスを支えています。

ビジネスの発展を支える知財のスペシャリスト集団、それが特許庁なんだね!
知的財産権が守られないと
どうなるの?

一般的に、新しいものを生み出すには時間も費用もかかります。せっかく新しいものを生み出しても、すぐに他の人に真似されてしまうのでは、時間や費用をかけて新しいものを生み出そうとする人はいなくなってしまうかもしれません。新しいものを生み出した人が、その新しいものを独占して使用できる権利(知的財産権)があれば、独占的に商品をつくったり販売したりすることで新しいものを生み出すのにかけた費用やそれ以上の利益を得ることができます。

知的財産権が守られているから、安心して新しいものを生み出せるのね!

お知らせ

5月24日(月曜日)より、オンライン庁内見学の申込みを開始いたしました!
特許庁の魅力を知りたい方は是非お申し込みください。

お問い合わせ

特許庁総務部総務課広報室

TEL03-3581-1101 内線2108

FAX03-3593-2379