• 用語解説

ホーム> 支援情報・活用事例> 大学・研究機関向け情報> スタートアップ設立に向けた外国出願に要する費用の半額を補助します

ここから本文です。

スタートアップ設立に向けた外国出願に要する費用の半額を補助します

1. 日本出願を基礎としたスタートアップ設立に向けた国際的な権利化支援事業費補助金(スタートアップ設立に向けた外国出願支援事業)

近年、大学・公的研究機関・企業等による研究から生まれた最先端技術を、スタートアップが事業化していくことが活発化しています。

最先端技術に関連する産業についてはグローバル需要の成長が見込まれているところ、事業展開が見込まれる国・地域の特許権が取得できていない状態では、当該国・地域における事業を持続的に行うことが困難となります。

特許庁は、スタートアップにおいて事業化を予定している最先端技術に係る特許出願人のうち海外への特許出願比率が低い者による海外出願案件について、その出願費用の一部(海外特許庁への出願手数料、翻訳費用、海外出願に要する国内代理人・現地代理人費用等)を助成することにより、最先端技術を事業化するのに必要な海外における権利取得を促進します。

2. 令和4年度事業の詳細

海外出願補助の公募等の詳細については、以下の事務局(一般社団法人発明推進協会)ウェブサイトから御覧いただけます。

令和4年度「日本出願を基礎としたスタートアップ設立に向けた国際的な権利化支援事業」(外部サイトへリンク)

[更新日 2022年6月6日]

お問い合わせ

特許庁総務部企画調査課活用企画班

TEL:03-3581-1101(内)2165

お問い合わせフォーム