• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 法令・施策> 法令・基準> 基準・便覧・ガイドライン> 意匠> 改正意匠法に基づく新たな保護対象(画像・建築物・内装)の意匠登録事例について

ここから本文です。

改正意匠法に基づく新たな保護対象(画像・建築物・内装)の意匠登録事例について

令和4年1月14日
特許庁 審査第一部
意匠課意匠審査基準室

令和2年4月1日に、特許法等の一部を改正する法律(令和元年5月17日法律第3号)が施行され、我が国意匠法において、新たに画像、建築物、内装の意匠を保護できるようになりました。

これらの意匠の出願・登録状況については、多くの企業等の皆様から高い関心が示されています。そこで、意匠登録されたもののうち参考となる事例を公開します。是非、知財管理等にご活用ください。

改正意匠法に基づく新たな保護対象(画像・建築物・内装)の意匠登録事例

※登録意匠について掲載された内容は、意匠公報に記載されている内容の一部です。登録意匠についての正確な情報は、意匠登録番号からリンクしている「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)(外部サイトへリンク) 」でご確認ください。

※以下の登録事例の各図をクリックすると、事例集の掲載ページへリンクします。

画像の意匠登録事例

このページの先頭へ

建築物の意匠登録事例

このページの先頭へ

内装の意匠登録事例

このページの先頭へ

その他関連情報

令和元年意匠法改正特設サイト

(図)令和元年意匠法改正特設サイト
令和元年意匠法改正特設サイト

改正意匠法に基づく新たな保護対象等についての意匠登録出願動向、画像・建築物・内装の意匠の調査方法マニュアル、画像意匠検索支援ツール(Graphic Image Park)など、令和元年意匠法改正に関する最新情報や各種関連資料を掲載していますので、是非ご覧ください。

このページの先頭へ

[更新日 2022年1月14日]

お問い合わせ

特許庁審査第一部意匠課意匠審査基準室

電話:03-3581-1101 内線2910

お問い合わせフォーム