• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 特許> 審査> 早期審査> 特許審査ハイウェイ> 日仏特許審査ハイウェイ試行プログラムについて

ここから本文です。

日仏特許審査ハイウェイ試行プログラムについて

特許庁調整課

2021年1月1日より試行プログラムを開始

日本国特許庁とフランス産業財産庁は、特許審査ハイウェイ試行プログラムを2021年1月1日より開始します。

通常であれば、フランスにおいて出願から予備調査報告まで25,2月、最終処分まで37.5月程度を要するところ、PPHを利用することで、出願から予備調査報告まで12月、最終処分まで24月に短縮されることが期待されます。

2023年7月1日よりPPH MOTTAINAI及びPCT-PPHを新たに開始

今般、日本国特許庁とフランス産業財産庁は、特許審査ハイウェイ(PPH)申請の対象案件を拡大するため、PPH MOTTAINAI及びPCT-PPHを追加し、2023年7月1日から受付を開始することで合意しました。

なお、PCT出願は、フランス産業財産庁に直接国内段階移行できないことにご留意ください。フランス産業財産庁への出願で、日本国特許庁が作成したPCT出願の国際段階成果物を利用してPCT-PPHを利用できる場合は、以下のページにおけるフランスへの申請のガイドラインの附属書IIの図A~Cをご覧ください。

各庁における申出手続については、以下のページの資料を御参照下さい。

特許審査ハイウェイ(PPH)のガイドライン(要件と手続の詳細)・記入様式のページ

リンク

世界に先駆けてフランスと「特許審査ハイウェイ」を開始します(経済産業省のページへ)

English Page

[更新日 2023年7月3日]

お問い合わせ

特許庁調整課審査業務管理班

TEL:03-3581-1101 内線3106

お問い合わせフォーム