• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 特許> 出願> 塩基配列又はアミノ酸配列を含む出願> 塩基配列又はアミノ酸配列を含む明細書等の作成のためのガイドライン

ここから本文です。

塩基配列又はアミノ酸配列を含む明細書等の作成のためのガイドライン

令和4年6月24日
特許庁

塩基配列又はアミノ酸配列を含む出願において提出を求めている配列表の表記方法は、PCT実施細則及びWIPO標準により国際的に定められており、これらに準拠するよう「塩基配列又はアミノ酸配列を含む明細書等作成のためのガイドライン」(※) (以下、単に「ガイドライン」という。)を公表しています。

  • (※)特許法施行規則第27条の5第1項の規定及び特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律施行規則第50条の3第1項の規定に基づき、特許庁長官が定める配列表の作成方法に係るガイドライン。

PCT規則及びPCT実施細則の改正により、令和4年7月1日以後にする国際出願において塩基配列又はアミノ酸配列を明細書等に含む場合には、新たに策定されたWIPO標準ST.26に準拠した配列表の提出が必要となります。また、WIPO標準ST.25からWIPO標準ST.26への移行は、国際出願のみならず、国内出願についても同時に行うことが国際的に合意されています。

この度、WIPO標準ST.26への移行に対応するため、ガイドラインの改訂を行いました。

改訂後のガイドライン(WIPO標準ST.26対応)

塩基配列又はアミノ酸配列を含む明細書等の作成のためのガイドライン(ST.26対応)(PDF:3,050KB)

上記改訂後のガイドラインは、令和4年7月1日以降にする特許出願、実用新案登録出願又は特許協力条約に基づく国際出願に適用されます。分割出願、変更出願又は実用新案登録に基づく特許出願についても、現実の出願を令和4年7月1日以降にする場合には、改訂後のガイドラインが適用されます。

ガイドライン改訂の概要

改訂前のガイドラインは、WIPO標準ST.25に準拠した内容が記載されているところ、WIPO標準ST.26に準拠した内容となるように改訂を行いました。

WIPO標準ST.26では、配列表に記載する配列型が拡充し、D-アミノ酸やペプチド核酸等も対象となるほか、配列表の注釈として、国際的な配列データベースと同様にfeature key のみならずqualifierも用いることになります。また、配列表はXML形式で作成することになります。

改訂前のガイドライン(WIPO標準ST.25対応)

塩基配列又はアミノ酸配列を含む明細書等の作成のためのガイドライン(ST.25対応)(PDF:246KB)

上記改訂前のガイドラインは、令和4年7月1日より前にした特許出願、実用新案登録出願又は特許協力条約に基づく国際出願に適用されます。(令和4年7月1日より前にした出願を原出願として、令和4年7月1日以降に分割出願、変更出願又は実用新案登録に基づく特許出願をする場合には、改定後のガイドライン(ST.26対応)が適用されます。)

なお、平成14年8月31日までの出願については、以下のガイドラインが適用されます。

塩基配列又はアミノ酸配列を含む明細書等の作成のためのガイドライン(平成10年6月)

[更新日 2022年7月7日]

お問い合わせ

特許庁特許審査第一部調整課審査基準室

電話:03-3581-1101 内線3112

FAX:03-3580-8122

お問い合わせフォーム