• 用語解説

ここから本文です。

台湾智慧財産局との優先権書類の電子的交換について

2013年11月に公益財団法人日本台湾交流協会と台湾日本関係協会との間で、優先権書類の電子的交換の導入について必要な関係当局の同意を得るために協力することで一致しました。

日本国特許庁は、公益財団法人日本台湾交流協会に対して日本国国内法令の範囲内でできる限りの支持と協力を与えるとの立場から、2013年12月2日から台湾智慧財産局との間で、特許出願及び実用新案登録出願に係る優先権書類データの電子的交換(二庁間PDX)を行っています。

※ 意匠登録出願・商標登録出願は対象外となりますので、ご注意ください。

台湾の出願を優先権主張の基礎として日本国へ出願する場合又は日本国の出願を優先権主張の基礎として台湾へ出願する場合は、所定の手続を行うことで、書面による優先権書類の提出を省略することが可能となります。

手続の詳細については、下記をご覧ください。

目次

  1. 日本国特許庁への出願を優先基礎として、台湾智慧財産局へ出願する場合の手続
  2. 台湾出願を優先基礎として、日本国特許庁へ出願する場合の手続

1. 日本国特許庁への出願を優先基礎として、台湾智慧財産局へ出願する場合の手続

日本国への特許出願、実用新案登録出願を優先権主張の基礎として、台湾智慧財産局へ特許出願、実用新案登録出願する場合に、以下の所定の手続を行うことにより、台湾智慧財産局に対する優先権書類の書面による提出を省略することが可能です。

目次へ戻る

電子的交換を利用するためのアクセスコードの入手

日本国特許庁と台湾智慧財産局の間での優先権書類データの電子的交換を利用するためには、優先権主張の基礎となる特許出願、実用新案登録出願について、「アクセスコード」を入手する必要があります。出願人等は、以下の方法により、日本国特許庁からアクセスコードを入手することができます。

※ なお、日本国特許庁が台湾智慧財産局との間で優先権書類データの電子的交換を行う際に使用するアクセスコードは、世界知的所有権機関のデジタルアクセスサービス(以下「DAS」という。)を利用した優先権書類データの電子的交換で使用するものと同じものです。したがって、日本国特許庁から取得したアクセスコードは、台湾智慧財産局との間の電子的交換を利用する場合のみならず、DASを利用する場合にも使用できます

(1)受領書又は出願番号通知によるアクセスコードの入手

オンラインによる出願の場合

2016年3月20日より、オンラインによる特許出願及び実用新案登録出願であって、オンラインにより受領書(出願番号通知)を受信した場合には、当該受領書において当該出願に係るアクセスコードが併せて記載されています。これにより、アクセスコード付与請求手続をすることなく当該出願に係るアクセスコードの入手が可能となります。

書面による出願の場合

2020年1月1日以降に書面により、出願の手続をした場合は、特許庁からハガキで送付される出願番号通知において当該出願に係るアクセスコードが併せて記載されています。

(2)「アクセスコード付与請求書」による入手(特許出願及び実用新案登録出願)

(1)の方法によりアクセスコードの入手ができなかった場合で出願後にアクセスコードの付与を請求するときには、「世界知的所有権機関へのアクセスコード付与請求書(以下「アクセスコード付与請求書」)」を日本国特許庁に提出してください。アクセスコード付与請求書はオンライン又は書面で提出することが可能です。また、当該手続にかかる手数料及び電子化手数料の納付は不要です。

アクセスコード付与請求書の提出後、日本国特許庁より、アクセスコードが記載されたアクセスコード通知書が送付されます。

注意事項

  • アクセスコードが通知されるまでに、オンライン提出の場合は通常1週間程度、書面により提出した場合は当該アクセスコード付与請求書の電子化のための期間が1ヶ月程度必要となります。
    また、祝日・休日が重なる時期は、上記よりも通知までに期間を要する場合がございますので、時間的余裕を持ってお手続きいただきますようお願いいたします。

目次へ戻る

台湾智慧財産局への手続

アクセスコードを入手すること以外に、日本国特許庁で行うべき手続はありません。台湾智慧財産局に対して、日本国特許庁から付与されたアクセスコードを提示すると共に、電子的交換を利用する旨の意思表示をする必要があります。具体的な手続は台湾智慧財産局に直接お問い合わせください。

目次へ戻る

インターネット出願ソフトによるアクセスコードの照会方法

2020年1月6日より、インターネット出願ソフトを利用して、日本国特許庁から付与された特許出願及び実用新案登録出願のアクセスコードを照会することが可能になります。

インターネット出願ソフトの『補助』タブから「アクセスコード照会」ウィンドウを開き、出願番号を入力して実行を押下します。1件単位で照会を行い、照会結果は一番上の行に追加されます。

アクセスコードが不明な場合も、出願番号があれば本機能で照会できます。

(図)インターネット出願ソフト画面見本

  • a. 照会権限があるのは、その事件の出願人と代理人です。
  • b. 照会は、出願番号単位です。照会可能な出願番号の範囲は以下です。
    四法 照会可能な出願番号(年)
    特許 2016年以降 特願2016-000001~
    実用新案 2016年以降 実願2016-000001~

以下は、受領書や、受理済フォルダの抄録ビュー/リストビューにアクセスコードが表示されます。

  • 2016年3月20日以降にオンライン出願した特許願・実用新案登録願

目次へ戻る

2. 台湾出願を優先基礎として、日本国特許庁へ出願する場合の手続

台湾智慧財産局への特許出願、実用新案登録出願を優先権主張の基礎として、日本国特許庁へ特許出願、実用新案登録出願する場合に、以下の所定の手続を行うことにより、日本国特許庁に対する優先権書類の書面による提出を省略することが可能です。

目次へ戻る

電子的交換を利用するためのアクセスコードの入手

日本国特許庁と台湾智慧財産局の間での優先権書類データの電子的交換を利用するためには、「アクセスコード」を入手する手続を行う必要があります

台湾智慧財産局への特許出願、実用新案登録出願に対してアクセスコードを入手するための具体的な手続については、台湾智慧財産局に直接お問い合わせください。

目次へ戻る

日本国特許庁への手続

第二国としての日本国特許庁に対して、電子的交換を利用する旨の意思表示をする必要があります。具体的な手続方法は以下のとおりです。

出願の際に、願書の「【パリ条約による優先権等の主張】」の欄を以下の例のように記載して日本国特許庁に提出してください(特許法施行規則様式第26の備考28及び実用新案法施行規則様式第1の備考30を参照してください)。

願書の記載例

  • 【パリ条約による優先権等の主張】
  • 【国・地域名】台湾※1
  • 【出願日】2019年4月1日
  • 【出願番号】□□□□□□※2
  • 【出願の区分】特許※3
  • 【アクセスコード】△△△△※4
  • 【優先権証明書提供国(機関)】台湾※5

注意

  • ※1 【国・地域名】の欄は、優先権の基礎とした出願をした地域の名称として「台湾」と記載してください。
  • ※2 【出願番号】の欄は、パリ条約に基づく優先権の主張を伴う出願を行う際の優先権基礎出願番号の記載についての台湾の場合の記載例をご覧ください。
  • ※3 【出願の区分】の欄は、優先権の基礎とした出願の区分(「特許」、「実用新案登録」の別)を記載してください。
  • ※4 【アクセスコード】の欄は、台湾智慧財産局で発行したアクセスコードを記載してください。
  • ※5 【優先権証明書提供国(機関)】の欄は、優先権証明書を提供する地域の名称として「台湾」と記載してください(日本国特許庁と台湾智慧財産局との間での優先権書類データの電子的交換は、アクセスコードを使用いたしますが世界知的所有権機関のデジタルアクセスサービス(DAS)を利用するものではありませんので、当該欄には「世界知的所有権機関」と記載しないでください。)。

出願時に、優先権主張の基礎となる出願番号やアクセスコードを知ることができないとき

優先権主張の基礎となる特許出願又は実用新案登録出願のうちの最先の出願日から1年4月以内(※)に、上記出願番号やアクセスコードを補充するため、願書の【パリ条約による優先権等の主張】の欄を補正する「手続補正書」をオンライン又は書面で提出してください。

  • ※ 特許法第43条第6項の規定に基づく通知(優先権証明書未提出通知)が行われている場合は、当該通知の発送日から2月以内は【パリ条約による優先権等の主張】の欄の補正を行うことが可能です。

なお、書面で「手続補正書」を提出する場合は、「【その他】」欄を設け、そこに「特許法第43条第5項の規定による書面の提出」と記載してください。この場合、電子化手数料は不要となります。オンラインで「手続補正書」を提出する場合は、「【その他】」欄を設ける必要はありません。

手続補正書の記載例
  • 【手続補正1】
  • 【補正対象書類名】特許願
  • 【補正対象項目名】パリ条約による優先権等の主張
  • 【補正方法】変更
  • 【補正の内容】
  • 【パリ条約による優先権等の主張】
  • 【国・地域名】台湾
  • 【出願日】2019年4月1日
  • 【出願番号】□□□□□□
  • 【出願の区分】特許
  • 【アクセスコード】△△△△
  • 【優先権証明書提供国(機関)】台湾
  • 【その他】特許法第43条第5項の規定による書面の提出

目次へ戻る

[更新日 2019年12月13日]

お問い合わせ

【各庁間の優先権書類の電子的交換に関すること】

特許庁総務部総務課 情報技術統括室 情報技術国際班

電話:03-3581-1101 内線 2505

お問い合わせフォーム

 

【日本国特許庁への具体的な手続に関すること】

特許庁 審査業務部 審査業務課 調整班

電話:03-3581-1101 内線 2618

お問い合わせフォーム

 

【インターネット出願ソフトによるアクセスコードの照会方法に関すること】

電子出願ソフトサポートセンター(開庁日 9時00分から20時00分)

電話:(東京) 03-5744-8534

(大阪) 06-6946-5070

 

特許庁審査業務部出願課 特許行政サービス調整班

電話:03-3581-1101 内線 2508

お問い合わせフォーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。