• 用語解説

ここから本文です。

登録に関する申請書及び添付書面への押印について

令和3年6月12日に改正特許登録令及び特許登録令施行規則等が施行され、権利の移転等に関する手続に必要な書面には全て本人確認が可能な「実印」又は「実印により証明可能な法人の代表者印」の押印が必要になりました(委任状や、履歴事項全部証明書等官公庁が作成した書面を除く。)。

具体的には、押印が必要な申請書は、本人手続きによる登録名義人の表示変更登録申請書、押印が必要な添付書面は、譲渡証書、同意書、持分放棄書、専用実施権設定契約証書、専用(通常)使用権設定契約証書、質権設定契約証書、会社分割承継証明書等となります。

押印する印は以下のとおりです。また、本人確認のため、印鑑証明書の提出も必要になります。

  • (1) 個人の場合
    実印(市区町村に登録済みの印鑑)を押印し、印鑑証明書を申請書に添付して提出してください。
  • (2) 法人の場合
    実印(登記所(法務局)に登録済みの印鑑)を押印し、印鑑証明書を申請書に添付して提出してください。
    又は、
    実印により証明可能な法人の代表者印を押印し、実印による証明書及び印鑑証明書を申請書に添付して提出してください。
  • ※ 印鑑証明書は発行日から3カ月以内のものを提出してください。
  • ※ 特許登録令等の改正後、登録申請書に印鑑証明書又は実印による証明書を添付して提出した場合は、以降の登録申請において、その都度改めて印鑑証明書等を提出する必要はありませんが、証明書の内容(住所・名称・印影等)に変更があった場合、印鑑証明書等の提出を求めることがあります。
  • ※ 個人・法人いずれの場合も、本改正(令和3年6月12日)より前に特許庁に届け出た印鑑がある場合、その届出印を使用した登録申請手続きであれば、原則、令和3年末までは証明書の提出を省略することが可能です。

「実印による証明書」の文例

(図)「実印による証明書」の文例

  • ※登録申請書に添付して提出してください。
  • ※「実印による証明書」のみの提出はできません。

 

[更新日 2021年7月6日]

お問い合わせ

特許庁審査業務部審査業務課登録室

TEL:03-3581-1101
 内線2714,2715(特実移転担当)
 内線2716,2717(意匠商標移転担当)
 内線2705(国際意匠・商標担当)

FAX:03-3588-7651

お問い合わせフォーム