• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 法令・施策> 法令・基準> 基準・便覧・ガイドライン> 特許・実用新案> デジタル化推進に向けた面接ガイドラインの改訂について

ここから本文です。

デジタル化推進に向けた面接ガイドラインの改訂について

令和2年10月15日
特許庁

1. はじめに

特許庁は、行政サービスのデジタル化推進の観点から、審査・審判で実施される面接の手続を見直しました。 面接は、審査官・審判官と出願人等とが、審査・審理に関わる意思疎通を図る上で重要な役割を果たしており、これまでは特許庁庁舎等で面会して実施する形式が大半でした。

しかし、リモートアクセス・テレワークが浸透し、コミュニケーションニーズが社会全体で急速に変化する中にあっては、面接の手続等をデジタル化し、オンラインでも面接を円滑に実施することが求められます。

そこで、利用者の利便性を向上させ、より効果的に面接を実施できるように、面接ガイドラインの改訂を行います。

このような取組を通じて、特許庁は手続のデジタル化を推進して参ります。

2. 面接ガイドラインの主な改訂ポイント点

  1. 面接記録における自署の省略
    面接記録作成の電子化を推進し、参加者が希望しない限り自署を不要とします。
  2. 電子メールのさらなる活用
    面接記録等の送受信においても電子メールの利用が可能となります。
  3. オンラインで実施する面接の運用改善・整理
    オンラインで実施する面接の手段が拡充されます。

改訂内容の詳細については、面接ガイドライン各編を参照してください。

3. 運用開始日

改訂後の面接ガイドラインは、令和2年10月15日から運用を開始します。

(【商標審査編】についても、本運用は、令和2年10月15日から実施されます。面接ガイドラインの改訂については、別途行います。)

[更新日 2020年10月15日]

お問い合わせ

<特許審査編>

特許庁審査第一部調整課地域イノベーション促進室

電話:03-3581-1101 内線3104

 

<意匠審査編>

特許庁審査第一部意匠課企画調査班

電話:03-3581-1101 内線2907

 

<商標審査編>

特許庁商標課審査基準室

電話:03-3581-1101 内線2807

 

<審判編>

特許庁審判課審判企画室

電話:03-3581-1101 内線5851