• 用語解説

ホーム> 特許庁について> 特許庁の組織> 特許庁デザイン経営プロジェクト> 特許庁はデザイン経営を推進しています

ここから本文です。

特許庁はデザイン経営を推進しています

特許庁デザイン経営プロジェクトチーム

1. 「デザイン経営」とは

  • 「デザイン経営」とは、デザインの力をブランドの構築やイノベーションの創出に活用する経営手法です。その本質は、人(ユーザー)を中心に考えることで、根本的な課題を発見し、これまでの発想にとらわれない、それでいて実現可能な解決策を、柔軟に反復・改善を繰り返しながら生み出すことです。
  • 経済産業省・特許庁は、2017年7月に有識者からなる「産業競争力とデザインを考える研究会」の議論の結果、2018年5月に報告書『「デザイン経営」宣言』を取りまとめました。
  • 『「デザイン経営」宣言』では、「デザイン経営」の効果や、実践のための7つの具体的な取り組みも示されています。

「デザイン経営」の効果
(図1)「デザイン経営」の効果
「デザイン経営」は、ブランドとイノベーションを通じて、
企業の産業競争力の向上に寄与する。

「デザイン経営」のための具体的取組

  1. デザイン責任者(CDO,CCO,CXO等)の経営チームへの参画
  2. 事業戦略・製品・サービス開発の最上流からデザインが参画
  3. 「デザイン経営」の推進組織の設置
  4. デザイン手法による顧客の潜在ニーズの発見
  5. アジャイル型開発プロセスの実施
  6. 採用および人材の育成
  7. デザインの結果指標・プロセス指標の設計を工夫

2. 「デザイン経営」の実践例

これからデザイン経営にチャレンジしたいと考えるビジネスパーソンの皆様の疑問を解消し、実践する際の参考にしていただくため、「デザイン経営ハンドブック」と「『デザイン経営』の課題と解決事例」を取りまとめました。

2-1 デザイン経営 ハンドブック

2-2 デザイン経営の課題と解決事例

2-3 インタビュー・スペシャルコンテンツ

3. 特許庁における、デザイン経営の実践

3-1 デザイン経営プロジェクトチームの設置

特許庁では、『「デザイン経営」宣言』を自ら実施する必要があると考え、2018年8月、デザイン統括責任者(CDO)と、デザイン経営プロジェクトチームを設置し、ユーザーの視点で行政サービス改善のため取り組みを進めています。

特許庁の「デザイン経営」がスタートします(2018年8月9日、特許庁)(経済産業省ニュースリリース)

3-2 デザイン経営プロジェクトチームの活動レポート

特許庁で実践したデザイン経営プロジェクトの軌跡をレポートにまとめ、公開しています。

3-3 各チームの活動の成果

各チームの活動の成果を公開しています。

[更新日 2020年3月23日]

お問い合わせ

特許庁総務部総務課広報室

電話:03-3581-1101 内線2108

FAX:03-3593-2397

お問い合わせフォーム