• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 審判> 参考審決等の英訳

ここから本文です。

参考審決等の英訳

我が国の産業財産権に関する国際的な情報発信の一環として、事件の種類、分野などに応じて法解釈や運用の理解に参考となると考えられる審決等(審決、異議決定、判定)の人手翻訳による英訳を提供しています。

一覧

参考審決等の英訳目次

2021年6月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2019-000691 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書) バリアコーティングに関する発明について、広範な数値範囲について、明細書の記載及び周知技術を斟酌しても、サポート要件を満たさないと判断し、また、機能、特性等で特定された請求項について、実施例以外のものについて実施できるとはいえないため、実施可能要件違反と判断した事案。
不服 2019-005292 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、記載要件(特許請求の範囲) ウェアラブル装置に関する発明について、請求項1に係る発明については、引用文献から容易に発明できたものであり、請求項3に係る発明については、不明確なものであるとして、進歩性及び明確性の要件を満たしていないと判断した事案。
不服 2019-009561 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 チャネル測定方法等に関する発明であって、アンテナポート数が8を超える無線通信システムにおける参照信号の割当てについて、引用発明において具体的な割り当てを行った場合の動作を踏まえることにより進歩性を否定した事案。
不服 2019-010589 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、補正 結晶雪の降雪システムに関する発明であって、発明として技術内容が不明確であるから、特許請求の範囲の減縮等のいずれを目的とするものでなく、さらに新規事項の追加であると判断しつつ、仮に特許請求の範囲の減縮を目的とするものであるとしても、進歩性の要件を満たしてため独立特許要件違反として補正を却下した事案。
不服 2019-013111 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、補正 照明装置に関する発明について、審判請求時の補正は、当初明細書等に記載した事項の範囲内ではないと判断するとともに、仮に、新規事項を追加するものでないとしても、補正後の発明は進歩性の要件を満たしていないため独立特許要件を満たさないと判断し、補正を却下した上で、請求不成立とした事案。
不服 2020-004398 日本語(PDF) 英語(PDF) 拡大先願 スロットマシンに関する発明について、表示手段の面積を本願発明の数値限定の範囲内にすることは周知技術であり、また、下限値をどのように規定するかは当業者が適宜決定し得る設計事項にすぎないから、相違点は実質的な相違点ではなく、本願発明は先願発明と同一であると判断した事案。
無効 2019-800012 日本語(PDF) 英語(PDF) 請求人適格 抗ウイルス性衛生マスクに関する発明について、証人尋問も踏まえて検討した結果、本件発明について、特許を受ける権利の譲渡については立証が不十分であり、請求人は本件発明についての特許を受ける権利を有する者であるとは認められないと判断し、無効審判の請求人適格を否定して、無効審判請求を却下した事案。
訂正 2020-390032 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正 マウント装置およびアクセサリに関する発明であって、訂正前の記載が誤りで訂正後の記載が正しいことが、明細書等の記載又は技術常識等から明らかで、当業者であればそのことに気付いて訂正後の趣旨に理解するのが当然であるといえることから、訂正の目的が誤記の訂正であると判断して、訂正することを認めた事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2020-000361 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願意匠は、物品「デジタルパソロジー機器」の正面表示部に表示される画面意匠に関するものであり、物品性と(破線で表された)物品の全体形状を考慮して画像を認定し、本願画像部分の形態について容易に創作をすることができたとはいえないとして、創作非容易性の要件を満たすと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2017-002496 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件商標は、指定商品「油圧ショベル」に「オレンジ色」の色彩のみからなる商標であって、通常使用される色彩を表したものと需要者等が認識するにとどまり、商品の出所を表示するもの等として需要者等が認識することはないから、商標法第3条第1項第3号に該当し、証拠を総合的に検討しても、同条第2項の要件を具備しないと判断した事案。

目次へ戻る

留意点

[更新日 2021年6月4日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課企画班

TEL:03-3581-1101内線:3613

FAX:03-3584-1987

お問い合わせフォーム