• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 審判> 参考審決等の英訳

ここから本文です。

参考審決等の英訳

我が国の産業財産権に関する国際的な情報発信の一環として、事件の種類、分野などに応じて法解釈や運用の理解に参考となると考えられる審決等(審決、異議決定、判定)の人手翻訳による英訳を提供しています。

一覧

参考審決等の英訳目次

2021年10月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2019-007539 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲、明細書)、補正 光触媒塗工液及びそれを用いた光触媒フィルムに関する発明について、明細書に記載のシリカ粒子の商品名のみから、具体的な物性値を導入する補正は、新規事項の追加に該当すると判断した事案。
不服 2019-012580 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 符号化方法、復号方法、符号化装置および復号装置動画に関する発明について、審判請求時の補正により特定された事項は、原査定において引用された文献において参照されている文献から、当業者が容易に想到しえるとして進歩性を否定した事案。
不服 2019-013265 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 ハイブリッドメモリ管理に関する発明について、周知技術であることを示す補足の資料としてEPOの拒絶理由で用いられた文献を参考資料として用いて、相違点に関して、当業者の常套的手法であり、当業者であれば適宜選択し得た設計的事項にすぎないものであるとして、進歩性を否定した事案。
不服 2019-015596 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、補正 ポリカーボネートを主成分とする機械的強度に優れる樹脂組成物に関する発明について、審判の請求時に補正がなされ、引用発明と相違点は生じたが、当該相違点は引用例の記載から当業者が容易に発明をすることができたとして進歩性を否定した事案。
不服 2019-016689 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、分割 異方性導電フィルム及びその製造方法に関する発明について、本願は親・子・孫の分割出願における孫出願であるが、子出願が分割要件を満たしていないとして拒絶査定が確定したため、本願の出願日は子出願の出願日までしか遡及せず、親出願の公開公報を基に新規性を否定した事案。
不服 2020-001184 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、記載要件(特許請求の範囲) 太陽電池に関する発明について、明細書には本願発明に対応する複数の実施形態が記載されているが、この実施形態に請求項の発明特定事項を満たしているのかを判断できない実施形態が含まれることを理由に、本願発明は明確でないと判断した事案。
不服 2020-001351 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲、明細書)、補正 補正後の本件発明に係る化合物の多形体に関し、発明の詳細な説明及び出願当時の技術常識に照らしても、実施可能要件及びサポート要件の双方を満たしていないから、独立特許要件を満たしておらず、係る補正を却下し、また、原査定を維持した事案。
不服 2020-002196 日本語(PDF) 英語(PDF) 分割 ゴルフボール及びその製造方法に関する発明について、本願分割出願に係る発明と原出願に係る発明とが同一の発明であり、原出願に係る発明が既に特許査定されていることから協議をすることができないとして,特許法39条2項の規定により特許を受けることができないと判断した事案。
不服 2020-002298 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 分散仮想アレイを用いるデータストレージシステムに関する発明について、引用発明において第1の書き込み処理が「複数のストレージノードのいずれの永続性ストレージ装置とも関与せずに」行われることは、第1の書き込み処理が「NVRAMに直接書き込まれ」るものである以上、当業者であれば容易になし得る事項であると判断した事案。
不服 2020-004050 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性 移動体通信に関する発明について、標準規格の提案文書である引用例には文言として明記されてはいないものの、技術常識を参酌すれば引用例には相違点に係る技術事項が表されているといえるとして新規性を否定した事案。
不服 2020-005906 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性 投影装置及び三次元計測装置に関する発明について、本願発明の「被計測物に投影するパターン光の周期を変更可能」という構成は、縞パターンのピッチを変更可能にすることを意味するが、引用文献には記載も示唆もなく、引用発明はそのような機能を有しないとして、本件発明の新規性、進歩性を肯定した事案。
異議 2019-700748 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書)、補正 排気ガス処理装置用保持材等に関する発明について、明細書等には、数値範囲を限定することにより課題を解決し得る機序の説明がなく、実施例や特許権者の意見書での主張を勘案しても、課題を解決し得ないものを含み得るとしてサポート要件を満たしていないと判断した事案。
異議 2020-700041 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 在来工法における家屋の外壁施工方法に関する発明について、ウェブページに掲載された動画から引用発明を認定した上で、本件特許発明は当該引用発明と同一又は想到容易とはいえないと判断した事例。
訂正 2020-390073 日本語(PDF) 英語(PDF)   留置針組立体に関する発明について、訂正要件(独立特許要件)の判断において、別途侵害訴訟で争われた無効の抗弁の無効理由を含めて訂正要件を検討し、独立特許要件を満たすとして、訂正を認めた事案。
判定 2020-600003 日本語(PDF) 英語(PDF)   スライドファスナーに関する発明について、イ号製品は反対側が透けて見え、光を通すものであるから「透光性を有する」に該当するため、構成要件を充足するとして、イ号製品が特許発明の技術的範囲に属すると判断した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2020-005339 日本語(PDF) 英語(PDF) 物品「カップ」に関する意匠について、本願意匠と引用意匠の外周面と内周面の形態を詳細に認定した上で、形態の相違点が類否判断に及ぼす影響が大きいから、本願意匠は引用意匠に類似しないと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2019-005954 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願商標と引用商標とは、その全体の構成を異にするものの、図形部分との比較においては、構成の軌を一にする図形であるから、相紛れるおそれがあり、また、本願商標は、引用商標の指定商品と同一又は類似する商品について使用するものであるから、法4条1項11号に該当すると判断した事案。
不服 2019-010751 日本語(PDF) 英語(PDF) 図形のみからなる商標について、指定商品との関係から、本願商標は、商品の対象者である薄毛又は脱毛の状態である人間の頭部図形の類型として認識されるにとどまり、需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができない商標であるから、法3条1項6号に該当すると判断した事案。
取消 2018-300156 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件商標権者のウェブサイトにおいて、アメリカ所在のレストランバーにおいての使用標章の使用は推認できるものの、日本国内において、本件商標の使用をしていることを証明したということはできないから、法50条1項の規定に基づき取り消すと判断した事案。

目次へ戻る

2021年9月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2018-016652 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 センサシステムのための自動ジェスチャ認識に関する発明について、「取り除くべきセンサ信号の最大周波数を15Hz~20Hz」とすべき技術的な根拠について明細書の記載から技術的意義を理解し、これについて周知技術に基づいて、新規性及び進歩性を否定した事案。
不服 2019-004557 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 ドラフトチャンバーに関する発明について、引用文献1と技術分野及び課題が共通する引用文献2を審判段階の特許文献サーチにより発見し、引用文献1の引用発明に引用文献2の技術的事項を採用することは、当業者が容易に想到し得るものとして、進歩性を否定した事案。
不服 2020-002822 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 測定対象の表面電位分布を計測するための3次元表面電位分布計測システムに関する発明における方向変換用回転駆動部に係る相違点について、引用文献1に記載された発明に対して、引用文献2又は引用文献3に記載された技術を適用する動機付けがないとして、本件発明の進歩性を認めた事案。
不服 2020-004838 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 フィードバック送信のタイミングを制御するための方法および装置に関する発明について、規格関連のワークショップでの発表資料を主引例として、前提となる技術常識を考慮しつつ副引例を組み合わせることは、当業者が容易に想到しうることであるとして進歩性を否定した事案。
不服 2020-004894 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 「貨幣管理システム」に関する発明について、釣銭の不足金額を取得するために、紙幣釣銭機に必要とされる釣銭の設定値及び紙幣釣銭機の在高の情報が必要となることは、技術常識であるとして、進歩性を否定した事案。
無効 2018-800122 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、 記載要件(特許請求の範囲、明細書) 優先日の判断について、優先権書類に「発酵原料」として明示的に記載されていたのは「大豆胚軸」だけであったが発酵原料として「ダイゼイン類」を用いてエクオールを産生することが優先権書類に記載されていると判断し、新規性及び進歩性の判断基準日を優先日とし、進歩性を肯定した事案。 
無効 2019-800016 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 加工対象物切断方法に関する発明について、審決では甲4発明はサファイヤ基板に限定して認定したが、知財高裁の判決(令和2年(行ケ)10018)では、甲4発明はサファイヤに限定されない基板についてのものであるとされたものの、進歩性を認めた審決の結論は維持され、請求棄却となった事案。
異議 2019-700170 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) 光学用粘着剤層、粘着剤層付光学フィルムに関する発明について、ヨウ素等の分量がいつの時点のもの特定されていないため、発明に該当しないと認識して生産した者や生産してから時間経過後に粘着剤層付偏光フィルムの譲渡を受けた者に不測の不利益を及ぼすことになるとして、明確性要件を満たしていないと判断した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2020-003523 日本語(PDF) 英語(PDF) カメラ機能付き電子計算機に関する画面意匠について、審判請求後の補正が要旨を変更するものではないと判断した上で、引用意匠の物品には本願物品に係る用途及び機能を有していないため、容易に創作をすることができたとはいえず、創作非容易性の要件を満たすと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2019-006526 日本語(PDF) 英語(PDF) 「ステーキしょうゆ」の標準文字からなる商標について、3条1項3号に該当し、証拠(使用実績等)を検討しても、使用商標は本願商標と同一のものとは認め難い等の理由から、同条第2項の要件を満たさないと判断した事案。

目次へ戻る

2021年8月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2018-009319 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 引用発明と比較して、性ステロイド前駆体などの具体的に組み合わせる化合物が主な相違点であるが、作用機序を含めた引用例及び技術常識等の記載から、具体的な化合物の組み合わせまで当業者が容易想到できるものであるとして、進歩性を否定した事案。
不服 2019-006706 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書) リソグラフィ等に関する発明であって、明細書等の記載及び技術常識に照らしても課題解決手段により課題が解決できる原理が理解できず、かつ、実施例などの具体例が一切ないため、サポート要件違反、実施可能要件違反であると判断した事案。
不服 2019-007937 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、発明該当性 グリップ補助具操作方法に関する発明について、打球動作を加速するためのマウンド部を押す動作は、知識として第三者に伝達できる客観性を有しているとは認められないとして、特許法上の「産業上利用することができる発明」に該当しないと判断した事案。
不服 2019-010332 日本語(PDF) 英語(PDF) 発明該当性 データ構造に関する発明について、「重み情報」を有する構成であり、学習装置が実行するプログラムに準ずるものであり、学習装置に提供されるデータ要素の内容を単に特定するにとどまるものではないとして、人為的取決めとはいえず,自然法則を利用した「発明」に該当すると判断した事案。
不服 2019-011786 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 繊維を有する化粧用アプリケータに関する発明について、「リブ」の解釈が問題となったが、自由端を備えないリブに関する一般的な技術水準を示すとともに、本願の請求項の記載においても、リブが自由端を有することは特定されていないとして進歩性を否定した事案。
不服 2019-012497 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、補正 NFCによる充電システム等に関する発明について、審判請求時の補正によって追加された、第2NFCアンテナが第1NFCアンテナに電磁誘導を誘起する場合にICカードが破壊されないようにする防護手段について、当初明細書等に記載も示唆もされておらず、新規事項の追加であると判断して補正却下をした上で、新規性を否定した事案。
不服 2019-013882 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 積層による三次元造形装置の一部であるモジュール製品に関する発明について、第1引用例の位置検出手段を均等手段に変更する動機付けがないとする請求人の主張に対して、第1引用例の記載から当該主張を否定し、さらに、第1引用例の記載からモジュール化することも想到容易であると判断し、進歩性を否定した事案。
異議 2020-700820 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲、明細書) 高強度鋼板を製造する方法に関する発明について、サポート要件について明細書の記載を参照すれば、当業者であれば発明の課題の解決を妨げないことを理解でき、また、実施可能要件について技術常識及び明細書の記載から、過度の試行錯誤等を要するとは認められないとして、特許を取り消すことができないと判断した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2020-001100 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願意匠は、物品「プロジェクター」の部分に関するものであり、本願意匠と引用意匠における用途及び機能は両意匠の類否判断に決定的な影響を及ぼすものではなく、形態の相違点が類否判断に及ぼす影響は大きいから、本願意匠は引用意匠に類似しないと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
判定 2019-600030 日本語(PDF) 英語(PDF) 本イ号標章は、「日向夏」の漢字を普通に用いられる方法で表示されるものであり、「日向夏」は、柑橘類の普通名称であり、商品「菓子及びパン」の原材料としても使用されているから、商標法第26条第1項第2号に該当し、本件商標の商標権の効力の範囲に属しないと判断した事案。

目次へ戻る

2021年6月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2019-000691 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書) バリアコーティングに関する発明について、広範な数値範囲について、明細書の記載及び周知技術を斟酌しても、サポート要件を満たさないと判断し、また、機能、特性等で特定された請求項について、実施例以外のものについて実施できるとはいえないため、実施可能要件違反と判断した事案。
不服 2019-005292 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、記載要件(特許請求の範囲) ウェアラブル装置に関する発明について、請求項1に係る発明については、引用文献から容易に発明できたものであり、請求項3に係る発明については、不明確なものであるとして、進歩性及び明確性の要件を満たしていないと判断した事案。
不服 2019-009561 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 チャネル測定方法等に関する発明であって、アンテナポート数が8を超える無線通信システムにおける参照信号の割当てについて、引用発明において具体的な割り当てを行った場合の動作を踏まえることにより進歩性を否定した事案。
不服 2019-010589 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、補正 結晶雪の降雪システムに関する発明であって、発明として技術内容が不明確であるから、特許請求の範囲の減縮等のいずれを目的とするものでなく、さらに新規事項の追加であると判断しつつ、仮に特許請求の範囲の減縮を目的とするものであるとしても、進歩性の要件を満たしてため独立特許要件違反として補正を却下した事案。
不服 2019-013111 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、補正 照明装置に関する発明について、審判請求時の補正は、当初明細書等に記載した事項の範囲内ではないと判断するとともに、仮に、新規事項を追加するものでないとしても、補正後の発明は進歩性の要件を満たしていないため独立特許要件を満たさないと判断し、補正を却下した上で、請求不成立とした事案。
不服 2020-004398 日本語(PDF) 英語(PDF) 拡大先願 スロットマシンに関する発明について、表示手段の面積を本願発明の数値限定の範囲内にすることは周知技術であり、また、下限値をどのように規定するかは当業者が適宜決定し得る設計事項にすぎないから、相違点は実質的な相違点ではなく、本願発明は先願発明と同一であると判断した事案。
無効 2019-800012 日本語(PDF) 英語(PDF) 請求人適格 抗ウイルス性衛生マスクに関する発明について、証人尋問も踏まえて検討した結果、本件発明について、特許を受ける権利の譲渡については立証が不十分であり、請求人は本件発明についての特許を受ける権利を有する者であるとは認められないと判断し、無効審判の請求人適格を否定して、無効審判請求を却下した事案。
訂正 2020-390032 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正 マウント装置およびアクセサリに関する発明であって、訂正前の記載が誤りで訂正後の記載が正しいことが、明細書等の記載又は技術常識等から明らかで、当業者であればそのことに気付いて訂正後の趣旨に理解するのが当然であるといえることから、訂正の目的が誤記の訂正であると判断して、訂正することを認めた事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2020-000361 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願意匠は、物品「デジタルパソロジー機器」の正面表示部に表示される画面意匠に関するものであり、物品性と(破線で表された)物品の全体形状を考慮して画像を認定し、本願画像部分の形態について容易に創作をすることができたとはいえないとして、創作非容易性の要件を満たすと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2017-002496 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件商標は、指定商品「油圧ショベル」に「オレンジ色」の色彩のみからなる商標であって、通常使用される色彩を表したものと需要者等が認識するにとどまり、商品の出所を表示するもの等として需要者等が認識することはないから、商標法第3条第1項第3号に該当し、証拠を総合的に検討しても、同条第2項の要件を具備しないと判断した事案。

目次へ戻る

2020年度以前分

目次へ戻る

留意点

[更新日 2021年10月15日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課企画班

TEL:03-3581-1101内線:3613

FAX:03-3584-1987

お問い合わせフォーム