• 用語解説

ホーム> 制度・手続> 審判> 参考審決等の英訳

ここから本文です。

参考審決等の英訳

我が国の産業財産権に関する国際的な情報発信の一環として、事件の種類、分野などに応じて法解釈や運用の理解に参考となると考えられる審決等(審決、異議決定、判定)の人手翻訳による英訳を提供しています。

一覧

参考審決等の英訳目次

2021年3月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2017-011744 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 グローバル電子シャッター制御を持つイメージ読み取り装置に関する発明について、レンズホルダー及びサポートアセンブリを備えることは公知の技術であると判断し、当該公知の技術を採用して、相違点に係る構成を備えるようにすることは、当業者が適宜なし得る事項であるとして、進歩性を否定した事案。
不服 2018-007817 日本語(PDF) 英語(PDF) 優先権、進歩性 デバイス間同期のためのシステム等に関する発明について、2件の優先権主張のうち、最先の基礎出願については優先権主張の効果を認めず、当該基礎出願の出願日と他方の基礎出願の出願日の間に公知となった文献を用いて進歩性を否定した事案。
不服 2018-012510 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 積層コンデンサに関する発明について、引用文献との対比において相違点とした数値範囲は、本願明細書を参照しても臨界的意義を認めることはできず、引用文献に記載された技術内容から判断して容易になし得たとして、進歩性を否定した事案。
不服 2018-017415 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 ビデオ符号化に関連する発明について、国際標準化の会合に提出された提案文書を引用文献とし、引用文献内で参照される別の提案文書の内容を含めて引用発明を認定し、本件発明と引用発明との間に実質的な相違点は見当たらず、新規性を否定した事案。
不服 2019-000040 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、記載要件(特許請求の範囲、明細書) 遠隔虚血コンディショニングを用いてオートファジをモジュレートする方法に関する発明について、主引例には、本件発明と同じ遠隔虚血コンディショニングを行うデバイスを含むシステムが開示されており、さらに、用途限定の位置づけについての考え方を示し、本件発明と実質的な相違点はないとして新規性を否定した事案。
不服 2019-001157 日本語(PDF) 英語(PDF) 発明該当性、進歩性 電子記録債権の決裁に関するビジネスモデル関連発明について、本願発明は「自然法則を利用した技術的思想の創作」といえないと結論づけるとともに、進歩性についても予備的に検討して進歩性を否定した事案。
不服 2019-001601 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 ミネラルコルチコイド受容体拮抗剤に関する発明に関し、医薬化合物において、望ましい性質を持つ結晶形を得るために、結晶化条件について試行錯誤し、得られた結晶を分析することが通常であり、本願発明の結晶化方法はごく一般的なものであり、安定性の効果が通常求められる程度のものであることと併せ、進歩性を否定した事案。
不服 2019-002958 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 ソルガム植物に関する発明について、引用発明がアミノ酸変異の箇所が2箇所であるトランスジェニック植物であるところ、引用発明から1箇所しか変異をもたないトランスジェニック植物とすることは当業者に容易想到であるとして、進歩性を否定した事案。
不服 2019-003070 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(明細書) 表面の温度を操作するデバイスに関する発明において、用途の限定のない本願発明は、本願明細書に記載されている実施例の用途とは異なる用途の引用発明に基づいて当業者が容易になし得たものであるとして、進歩性を否定した事例。
不服 2019-004325 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 燃料電池システムに関する発明において、引用発明に周知の事項を組み合わせる動機付けとして機器のメンテナンスについての一般的な事項を用いた上で、引用発明において、周知の事項である定期的に気体流動を調節することは当業者が適宜なし得るとして、進歩性を否定した事案。
不服 2019-005334 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 光制御シートの製造方法に関する発明に関し、主引用発明において副引用発明の構成を採用する動機付けがなく、仮に組み合わせても本願発明の構成に到らず、しかも、本願発明は、引用発明等に記載された技術からは予測できない効果を奏するとして、進歩性の要件を満たすと判断した事例。
不服 2019-007923 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 スチームアイロンに関する発明について、引用発明の図面から「傾斜」を認定し、その作用機能を技術常識を踏まえて認定し、相違点を実質的な相違点でないとして新規性の要件を満たしていないと判断し、実質的な相違点であるとしても、進歩性の要件を満たしていないと判断した事案。
不服 2019-009112 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正 ゲームプログラムに関する発明に関し、審査段階でなされた自発的な補正は、新規事項の追加に該当するとした拒絶査定の判断を、審判においても新規事項の追加に該当すると判断し、維持した事例。
不服 2019-012254 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書)、補正 人間の歩容及び姿勢バランスを解析するシステム等に関する発明について、審判請求時の補正が、補正の目的要件違反、明確性及び実施可能要件の独立特許要件違反により却下され、補正前の発明等について、新規事項、進歩性、明確性で拒絶された事案。
不服 2019-015846 日本語(PDF) 英語(PDF) 二重特許 遊技機に関する発明であって、補正により一部削除された構成が、課題の解決手段に対応する本質的な発明特定事項と直接関係なく、課題の解決に影響を及ぼさず、課題解決のための具体化手段における微差(周知技術の付加・削除)であり、新たな効果を奏するものではないことから、同日になされた出願の発明と同一であると判断した事案。
不服 2020-005696 日本語(PDF) 英語(PDF) 二重特許 電荷輸送性ワニスに関する発明について、39条1項における選択発明に関して、引用出願2の請求項5に記載された選択肢中の一の選択肢に基づいて先願発明を認定したときに、本願発明と同一となるため、本願発明が選択発明に該当せず、本願発明は引用出願2に係る発明と同一であると判断された事例。
無効 2016-800013 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書)、訂正 エチレン-酢酸ビニル共重合体ケン化物ペレット群等に関する発明について、特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正が認められるとしても、取消判決の判断に拘束力され、委任省令要件を満たしていない特許出願に対して特許されたものであるとして、本件特許を無効とした事案。
無効 2017-800134 日本語(PDF) 英語(PDF) 一事不再理、進歩性 平底幅広浚渫用グラブバケットに関する本件特許発明について、本件無効審判と別件審判とは、証拠が実質的に異なるとして、一事不再理(特許法167条)に違反せず、また、前判決の拘束を受け甲10発明及び甲12発明を認定した上で、無効理由(進歩性)には理由がないとして、請求不成立とした事案。
無効 2018-800007 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(明細書) 椅子式マッサージ機に関する発明であって、実施可能要件を満たすためには、必要な機能を実現するための具体的構成を示すか、少なくとも当業者が技術常識に基づき具体的構成に至ることができるような示唆を与える必要があると解されるところ、本件明細書には、被請求人が主張する具体的構成の記載も示唆もないとして、実施可能要件を満たさないと判断した事案。
異議 2018-700846 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲、明細書)、訂正 化粧料等に関する発明に関して、標準的でない測定法に基づく数値条件について、異議申立人の主張に基づき測定値のバラツキについて記載要件を満たしていないと判断した。さらに当該バラツキを考慮した場合には進歩性等の要件も満たしていないと判断して、特許を取り消した事案。
異議 2018-700853 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲、明細書) ロール製品パッケージに関する発明について、本件発明の持ち運ぶ際に破れにくいという課題は、包装形態、把手部の形態等によって異なるため、包装形態が明らかでない実施例の結果から、課題を解決できるとは認識できないとして、訂正を認めた上で、サポート要件違反であるとして特許を取り消した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2019-015472 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願意匠の形態は、織物地に特定のパターンの図柄が繰り返されているものであり、模様に創作性を認めることはできないものの、色彩は、独自の着想によって創出したといえるものであり、容易に創作することができたとはいえないから、独自の着想によって創出したといわざるを得ず、創作非容易性の要件を満たすと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2018-002886 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願商標は、動き商標であるところ、指定商品との関係で、取引者等は、当該商品の宣伝などにおいて一般に広く行われている商品の効能に係る一連の過程を視覚化したイメージの一類型を表示してなるものと看取、理解するにとどまり、自他商品等識別力を有しないから、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当するとした事案。
不服 2018-004789 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願商標は、形状が特徴の立体商標であるが、単なる商品の美感又は機能に資することを目的として採用された形状等にすぎないとして、商標法第3条第1項第3号に該当し、また、請求人の提出した証拠(使用実績)を検討しても、同条第2項の要件を具備しないと判断した事案。
不服 2018-011883 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件商標は、「介護」分野における「AI介護」の標準文字からなる商標であるが、本件商標に接する取引者、需要者は、「AI(人工知能)を活用した介護」であることを認識するにすぎないとして、商標法第3条第1項第3号に該当すると判断した事案。

目次へ戻る

2021年1月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2015-005914 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) オーディオエンコーダに関する本願発明の「可変長符号語を用いて、移行傾斜の選択と変換長の選択との間の依存関係または隣接するフレームのウィンドウ形状の間の相関関係を利用する」との特定事項について、明細書等の記載を参酌しても、如何なる技術事項を特定しているのか不明であるから、明確性要件を満たさないとした事案。
不服 2017-011029 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 メディアコミュニケーションの円滑化を図ることは周知の課題であり、引用発明に当該周知の課題を解決するための手段として引用発明2を適用し、ユーザ端末において想定回答等を出力する際に、エージェントの口を開くように表示することは容易に相当し得たものであるとして、進歩性を否定した事案。
不服 2018-006610 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 インフルエンザワクチンに関連する潜在的医原性リスクの減少に関する発明について、引用発明との相違点である混入汚染の可能性がある微生物因子の特定について、予想外の効果がもたらされるものではなく、引用文献の記載から当業者が理解し得る技術的事項を認定し、その技術的事項により進歩性を否定した事案。
不服 2018-009034 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 プロジェクティブコンピューティングシステムに関する発明について、ユーザインタフェースを紹介する動画から、映像と字幕で紹介されるユーザインタフェースの内容を時系列に認定した引用発明に基づいて進歩性を否定した事案。
不服 2018-009230 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 緩衝装置に関する発明に関し、相違点である数値限定に関する構成について、引用発明が当該構成を実質的に備えていると判断するとともに、仮にそうでないとしても、技術常識及び本願明細書に数値限定の意義が示されていないことに基づいて当業者が容易に想到できるとして、進歩性の要件を満たしていないと判断した事案。
不服 2018-013380 日本語(PDF) 英語(PDF) 実施可能要件、記載要件(明細書) フィルム組成物に関する発明おける「把持力(100/75)」及び「弾性回復(60/40)」とする事項について、その測定方法が、明細書に記載されておらず、技術常識ともいえないとして明確性違反、実施可能要件違反の拒絶理由を通知し、これに対する審判請求人の意見を考慮しても、拒絶理由を解消できないとした事案。
不服 2018-015931 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 基板保持装置に関する本願発明について、審判請求時の補正は、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであるが、補正発明は進歩性が認められないから独立特許要件を満たさないとして補正を却下した上で、査定の理由を維持した事案。
不服 2019-002231 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 本願発明に係る空気調和機の技術分野において、起動及び停止を共通の操作部により行うことは、慣用技術にすぎず、当該慣用技術を踏まえると、引用発明の「運転停止ボタン」により、起動操作を行うことは自然な発想であるとして、本願発明の進歩性を否定した事案。
不服 2019-004799 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(明細書) 審判請求人が主張する課題は、発明の詳細な説明に記載された唯一の実施形態と整合しないから、発明の詳細な説明に記載されていると認めることはできないと判断した上で、本願発明はサポート要件を満たさないとした事案。
不服 2019-005784 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 アルミニウム合金基複合材料に関する本願発明について、相違点1に係る構成は、引用文献に記載も示唆もされておらず、周知技術であるともいえない上に、本願発明は、従来材料と比べて振動減衰特性に優れるという当業者が予測できない効果を奏するとして、進歩性を肯定した事案。
無効 2016-800061 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) 引戸装置の改修方法に関する本件発明の「背後壁の上端と改修用下枠の上端がほぼ同じ高さであ」るとの特定事項について、高さの差の許容範囲が示されていなければ本件発明の要旨が認定できないというわけではないので、本件発明は明確性要件を満たすとした事案。
無効 2016-800111 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 本件出願の優先日当時の技術常識又は周知技術に照らすと、甲1発明において諸物性に優れたものを求めて水和水の数の異なる炭酸ランタン水和物の調製を試みる動機付けがあることから、当業者は甲1発明の水和水の数を本件発明1の範囲とすることを容易に想到することができたとして進歩性を否定した事案。
無効 2016-800120 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正 半導体装置およびシステムに関する発明について、訂正前の特許請求の範囲における「複数の配線層」を、「グランドまたは電源となる3つのプレーン層と、信号を送受信する3つの信号層を備える配線層」に限定する訂正請求について、新たな技術的事項を導入するものでなく訂正を認めた事案。
無効 2017-800013 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 豆乳発酵飲料の粘度範囲の相違点に関し、本件特許出願の前後に製造された豆乳飲料の粘度を根拠として、消費者に受け入れられる飲料として普通の範囲である7℃における粘度が5.4~9.0mPa・sの飲料とすることは、当業者が適宜なし得る設計的事項であるとし、進歩性を否定した事案。
無効 2017-800060 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正 金融商品取引管理装置、金融商品取引管理システムおよびプログラムに関する発明について、請求された訂正が新規事項であると判断した上で新規性を否定したところ、審決取消訴訟で取り消されたため、再度審理した結果、訂正を認めた上で、新規性を満たすとして、無効理由はないとした事案。
無効 2018-800086 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) マッサージ機に関する本件発明の構成要件である「一体的に形成された側壁」について、「一体的」を、一つになって分けられない状態を意味すると解釈することは、明細書及び図面の記載とも整合しており妥当なものであるから、本件発明は明確性要件を満たすとした事案。
異議 2016-700992 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正 研磨用クッション材に関する発明であって、取消訴訟段階で、特許権者が本件特許明細書等の記載とは矛盾する主張をしたので、職権で記載要件を満たさないとの取消理由を通知したところ、訂正請求がなされ、当該訂正及び意見書の説明から、記載要件を満たさないとまではいえないとして、本件特許を維持するとした事案。
異議 2017-701191 日本語(PDF) 英語(PDF) 実施可能要件、記載要件(明細書、特許請求の範囲) 水性電解液組成物に関する発明について、①「動的表面張力」の測定条件が把握できず、②どのような手段により電解液組成物の動的表面張力が≦35mN/mとなるのかが発明の詳細な説明に示されていないことから、明確性、実施可能要件及びサポート要件を満たしていないと判断した事案。
異議 2019-700347 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 偏光サングラスの樹脂材料について、凸面側の樹脂材料のガラス転移温度が凹面側よりも低い発明については、異質な効果を認めて進歩性の要件を満たしていると判断したが、凸面側の樹脂材料のガラス転移温度が凹面側よりも高い発明については引用発明から予測される範囲内の効果であるとして、進歩性の要件を満たしていないとして特許を取り消した事案。
異議 2019-700541 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正 取消理由通知(決定の予告)において、本件特許出願が分割要件を満たさないと判断し、出願日が遡及しないことにより、新規性、進歩性の取消理由があると判断したが、構成要件を具体化する等の訂正がなされたことにより、分割要件を満たし、これにより新規性、進歩性の取消理由が解消されたと判断した事案。
異議 2019-700671 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 異議申立人が提出した証拠の動画について、本件特許の出願前に日本国内又は外国において、電気通信回線を通じて公衆に利用可能となったものであるとはいえないと判断し、また、仮に、公衆に利用可能となったものであるとしても、本件特許発明は新規性及び進歩性を有するとした事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
無効 2018-880003 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件登録意匠と甲2意匠は、物品においては意匠に係る物品が同一であるが、形態の相違点を総合すると類否判断に及ぼす影響は大きく、共通点が需要者に与える美感を覆して本件登録意匠と甲2意匠を別異のものと印象付けるものであるとして、本件登録意匠は甲2意匠に類似しないと判断した事案。
無効 2018-880005 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件登録意匠と甲3意匠は、物品が同一であり、用途、位置等が共通するものの、両者の相違点を総合すると、相違点が類否判断に及ぼす影響は大きく、本件実線部分と甲3相当部分を別異のものと印象付けるものであるから、本件登録意匠は、甲3意匠に類似するということはできないとした事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2017-002498 日本語(PDF) 英語(PDF) 単色の色彩のみからなる本願商標について、出願人が本願商標の色彩をいわゆるコーポレートカラーとして使用しているとしても、そのことをもって本願商標が出所識別標識として機能するものと判断することはできず、本願商標は、商標法3条1項3号に該当するとした事案。
異議 2019-900178 日本語(PDF) 英語(PDF) 本件商標は、「UNI JAPAN」の欧文字からなるところ、「UNIJAPAN」は「公益に関する団体であって営利を目的としないものを表示する標章であって著名なもの」に該当するため、4条1項6号に該当し、また、他人である申立人の承諾を得ているものとは認められないから、4条1項8号に該当すると判断した事案。

目次へ戻る

2020年11月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2018-001783 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性喪失の例外、新規性、進歩性 新規性喪失の例外適用の申請がなされていた引用文献について、「頒布された刊行物」に該当するに至った日を、職権証拠調べの結果等を踏まえて認定した上で、例外適用は認められないと判断した事案。
不服 2018-002048 日本語(PDF) 英語(PDF) 発明該当性 動画符号化の標準規格に関連する画像符号化データである本願発明につき、データ要素間のデータ構造に基づいた情報処理が具体的に実現されているとはいえないから、特許法29条1項柱書きでいう「自然法則を利用した技術的思想の創作」に該当しないと判断した事案。
不服 2018-014162 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 引用発明において、「ソース」へ通知されるBCNメッセージを、「宛先」への「データ要求」の「速度」に関するメッセージに変えて、本願発明に係る構成とするべき起因や動機付けは見いだせないとして、進歩性を認めた事案。
不服 2018-015362 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、進歩性 審査官による補正却下決定について不服申立てがなされた審判事件であって、補正却下決定を取り消すことを前提として、進歩性欠如の拒絶理由を通知した後、当該拒絶理由通知に対する応答として補正がなされた本願発明について、補正却下決定を取り消した上で、進歩性を否定して請求不成立とした事案。
不服 2019-001026 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、進歩性 本願補正発明の「2%以上の弾性限界を有するバルク金属ガラス系材料」との特定につき、引用文献においても、金属ガラスは弾性限界が比較的高いと記載されているといえ、本願補正発明の「2%以上」との特定は、引用発明における数値範囲の好適化にすぎないとして、進歩性を否定した事案。
不服 2019-001485 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、新規性 インスリン依存性糖尿病(IDDM)の治療又は予防に係る組成物に関する本願発明と引用発明とにおいて、本願発明の「プロインスリン反応性CD8 T細胞の頻度を減らすための」との事項は、両発明における実質的な相違点ではないとして、新規性を否定した事案。
不服 2019-002309 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) 本願発明に係る「参照面」が、明細書等及び外国語書面の記載、さらに、優先権証明書の記載を参照しても明らかでない上、光学の技術分野における一般的な「参照面」を指すとの請求人の主張は明細書等の記載と矛盾することから、本願発明は明確ではないと判断した事案。
不服 2019-003990 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 太陽電池に関する発明であって、相違点に係る数値限定は、引用発明に周知事項を適用した場合に、結果的に満たされる蓋然性が極めて高いものであるといえ、また、この数値限定に格別の臨界的意義も認められないとして、進歩性を否定した事案。
不服 2019-004288 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 化合物の結晶多形に関する発明につき、引用発明との一致点が個体の化合物であり、相違点が粉末X線回折パターンの記載の有無であるところ、引用発明において結晶を得ることの動機付けが認められ、結晶化手法は通常採用されるものであって、結晶化による格別顕著な効果はないとの理由により進歩性が否定された事案。
無効 2016-800109 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(明細書、特許請求の範囲) 電解コンデンサ用タブ端子に関する本件特許発明における「ゼロクロス時間」について、2.30秒より小さい値にすることは、明細書等には記載も示唆もされていない事項であるから、「ゼロクロス時間」の上限のみを規定する訂正は、特許法134条の2第9項で準用する特許法126条5項の規定に適合していないため、訂正を認めなかった事案。
無効 2018-800058 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、記載要件(特許請求の範囲) 流体圧シリンダである本件特許について、流体圧導入路に関する発明特定事項を削除し、弾性部材に関する発明特定事項を新たに導入した審査段階における補正は新規事項追加に該当し、さらに、本件特許発明はサポート要件違反でもあると判断した審決が、知財高裁でも支持された事案。
無効 2018-800073 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 座席用表皮材に関する本件特許発明と、検証による認定事実及び公正証書の記載から認定された検甲号証発明との両者に相違点はなく、また、検甲号証発明は、本件出願前に公知・公用となっているとして、新規性を否定した事案。
無効 2018-800153 日本語(PDF) 英語(PDF) 請求人適格、新規性、進歩性、実施可能要件、記載要件(特許請求の範囲) 共有特許権者の1名が請求した無効審判に関し、審理終結時において、請求人は、本件特許権について被請求人との間で訴訟が係属している関係にあり、請求人は本件特許を無効とする法律上の利益があるから「利害関係人」にあたるとして、請求人適格を有すると判断した事案。
異議 2018-700579 日本語(PDF) 英語(PDF) 訂正、拡大先願、進歩性、記載要件(特許請求の範囲) ホットメルト接着剤に関する発明の異議事件であり、「粘着付与剤」を「石油樹脂」とする訂正は、「粘着付与」という「物質の特性」による特定を「削除」している点において、「特許請求の範囲の減縮」を目的とするものに該当せず、また、特許請求の範囲を変更するものとして訂正を認めず、特許を取り消した事案。
異議 2018-700806 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 画像表示装置に関する発明について「除くクレーム」とする訂正がなされたが、引用発明では、飛散防止フィルムの配向主軸と基材フィルムの配向主軸とが形成する角度について、特定角度範囲値以外とすることは排除されておらず、引用発明において特定角度範囲値以外に設定することは、当業者が適宜なし得えたこととして、進歩性を否定した事案。
異議 2018-700912 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) コンクリート組成物に関する発明につき、用途を吹付けコンクリート用とする訂正によって、新規性及び進歩性等の取消理由は解消したが、コンクリート組成物に含有するフライアッシュ原粉の「みつかさ比重」の値を発明特定事項とする製造方法の発明については、サポート要件違反であると判断した事案。
異議 2019-700116 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 耐腐食性の向上という共通の課題と、無電解めっき被膜という共通の構成に基づき、主引用例のAl等を基材とする羽根車の表面層のNi-P系無電解めっき皮膜に、副引用例の炭素鋼を基材とする羽根車の表面層のNi-P系無電解めっき皮膜のP含有量が適用できるとして、進歩性を否定した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2019-007393 日本語(PDF) 英語(PDF) 複数の項目に関する「ランキング表示機能付き電子計算機」の画像意匠につき、具体的に何を対象としたランキングが表示されるのか不明確であるから、意匠を特定できないとした原査定に対し、本願画像部分は物品の操作の用に供される画像が具体的に表されており、工業上利用することができる意匠に該当すると判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2018-007967 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願の指定商品と種苗法の規定による品種登録を受けた品種の種苗とは類似する商品であるから、本願商標をその指定商品に使用するときには、取引者等をして引用標章と商品の出所について誤認混同を生じさせるおそれがあるもので、商標法4条1項14号に該当するとした事案。
無効 2018-890041 日本語(PDF) 英語(PDF) 被請求人は、請求人から使用許諾されていた商標が第5類「サプリメント」に商標登録されていないことを奇貨として商標登録出願したものであるから、請求人の商標を剽窃したものといわざるを得ず、その出願経緯は著しく社会的妥当性を欠くもので、本件商標は商標法4条1項7号に該当するとした事案。

目次へ戻る

2020年8月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2017-002758 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 通信デバイスのためのデバイスツーデバイス(D2D)オペレーションを処理する本願発明につき、引用発明において、明記されていない相違点に係る構成のようにすることは自然であるとして、進歩性等を否定した事案。
不服 2017-015667 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性、記載要件(明細書、特許請求の範囲) エンジンバルブに関する発明につき、鉄がどの程度含まれるかについての限定がなく、明細書に記載された特定の数値と異なる量の鉄を含むと理解できる請求項の「鉄及びCo基を含む耐摩耗合金」との記載は、発明の詳細な説明に記載又は示唆される事項を超えるもので、サポート要件違反などとした事案。
不服 2018-000993 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 自律型小型無線装置に関する発明につき、審判段階で新たに引用した引用発明の公知発明としての適格性について、審判請求人の主張を踏まえて検討した上で適格性を認め、当該引用発明および公知技術に基づいて進歩性を否定した事案。
不服 2018-006136 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 排気ガスターボチャージャに関する本願発明と引用発明との、2つの最小流れストッパのベーン軸受リングへの配置位置に係る相違点は、他の引用文献の記載事項を総合しても、当業者が容易になし得たものとはいえないとして、進歩性を認めた事案。
不服 2018-009515 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、進歩性 冷蔵庫に関する本願発明について、審判請求時の補正は、発明特定事項の一部を削除する補正を含むものであり、特許請求の範囲の限定的減縮を目的とするものでなく、また他の補正の目的要件を満たしていないとして、補正を却下した上で、補正前の本願発明について進歩性を否定した事案。
不服 2018-010270 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) 電子決済システムに係る本願発明は、発明の詳細な説明から認定された発明の課題を解決できるものとは認められず、発明の詳細な説明に記載された、当業者が課題の解決を認識できる範囲を超えるものであるから、特許法36条6項1号の規定を満たしていないと判断した事案。
不服 2018-011115 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 筋肉電気刺激装置に関する発明につき、本願発明の課題及び効果の記載から、複数の相違点に係る本願発明の構成は、ひとまとまりの技術として捉えるのが妥当とした上で、当該相違点に係る構成は、引用発明から当業者が容易に想到し得るとはいえないとして、進歩性を認めた事案。
不服 2018-012724 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性 引用文献に記載された化合物である「エチレンビス-12-ヒドロキシステアリン酸アミド」、及び製造例で得られたポリマーは、マーカッシュ形式で記載された化合物である本願発明と同一であると判断し、新規性を否定した事案。
不服 2018-012916 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 CRISPR/Cas9ニッカーゼシステムを含む組成物において、標的部位が二本鎖配列の対抗する鎖に存在する2つのニッカーゼシステムを含むことにより、二本鎖配列の対抗する鎖を独立に切断して二本鎖の切断を導入させることを特徴とする本願発明について、進歩性を肯定した事案。
不服 2018-013073 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、進歩性 表示パネルに関する発明につき、審判請求時の補正を却下した上で、審判請求の前にした補正について新規事項の追加である旨及び本願発明は進歩性を欠く旨の最後の拒絶理由を通知し、それに対する応答としてされた補正を、目的要件違反として却下した上で、請求不成立とした事案。
不服 2018-013917 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 反射性偏光フィルムに関する本願発明は、引用発明に係る物の未知の属性を発見したものに該当しない点や、引用発明の属性により、引用発明の物が新たな用途への使用に適することを見いだしたことに基づく発明にも該当しない点において、用途発明ということはできないと判断した事案。
不服 2018-015070 日本語(PDF) 英語(PDF) 発明該当性 信託契約書のセットに関する本願発明は、その技術的意義が専ら人の精神活動そのものに向けられたものであり、自然法則、あるいは、自然法則を利用するものとはいえないから、全体として「自然法則を利用した技術的思想の創作」には該当しないとして、「発明」に該当しないと判断した事案。
不服 2018-015727 日本語(PDF) 英語(PDF) 二重特許 遊技機に関する発明につき、同日になされた2つの特許出願に係る発明が同一か否かの判断において、相違点に係る構成が課題解決のための具体化手段における微差とはいえない等として、2つの発明は同一であるとはいえないと判断した事案。
不服 2018-016824 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 液体食品組成物に関する発明について、引用発明において想定されている油性成分が、本願発明で除かれている所定の油脂類、ワックス、脂肪酸等に限られたものではなく、引用発明において本願発明に係る液体食品組成物を形成することは、当業者にとって容易であるとして、進歩性を否定した事案。
無効 2016-800057 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲) 液晶媒体の特許につき、訂正後の本願発明は新規性、進歩性を有するとしつつ、本願明細書及び技術常識に基づいて当業者が本願発明の課題解決を認識できるのは、特定の極性基を有する混合物に基づく液晶媒体に限られ、そのような限定のない発明は、サポート要件を満たさないとして、一部無効とした事案。
異議 2018-700665 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 ブロックチェーンに係る本件発明と引用発明との相違点については、他の先行技術文献に開示されておらず、また、本願出願前の周知技術ではないとして、進歩性を認め、本件特許を維持するとした事案。
異議 2019-700459 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、記載要件(特許請求の範囲) 非特許文献を証拠として申し立てられた取消理由につき、主に図面から引用発明を認定して新規性・進歩性を認めるとともに、異議申立人が説明用に作成した図面を用いて申し立てた明確性・サポート要件違反について理由がないと判断した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2019-007567 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願は部分意匠に係る出願であるところ、本願意匠に係る物品と引用意匠に係る物品は、その用途及び機能が異なるから類似するとはいえず、また、本願部分と引用部分の「用途及び機能」及び「形態」のいずれも類似していない等として、本願意匠は引用意匠に類似しないと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2018-007479 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願商標の形状は商品の機能又は美感に資することを目的として採用され、しかも、特許権が付与されたものであり、商標権により特許権の存続期間を超えて保護を与えることは、半永久的に独占権を認める結果を生じさせ、自由競争の不当な制限に当たり公益に反するから、本願商標は、商標法3条1項3号に該当するとした事案。
不服 2018-007529 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願商標は、その構成中に、他人の氏名をローマ字表記したものを有すると認められるものであり、かつ、その他人の承諾を得ているものとは認められないから、本願商標は商標法4条1項8号に該当するとした事案。

目次へ戻る

2020年7月追加分

1. 特許・実用新案

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
判示事項 要約
不服 2017-000433 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 キャッシュカードレスの提供システムである本願発明に係る「固定情報」は、暗号化に対応した復号による変換によって「口座番号」となるものであって、「顧客口座情報」へ変換される引用発明の「仮情報」と実質的に相違しないとして、進歩性を否定した事案。
不服 2018-004523 日本語(PDF) 英語(PDF) 進歩性 引用発明のスイッチは不作動にされる状態のあるスイッチであるから、スイッチがオフ状態のときに寄生容量によるノイズが生じることは自明であり、当該自明の問題を解決する手段として、引用文献2に記載されている周知技術を引用発明に適用して本願発明とすることは容易であるとして、進歩性を否定した事案。
不服 2018-008713 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、進歩性 審判請求時の補正について、補正前の発明と補正後の発明は、産業上の利用分野は同一であるといえるものの、解決しようとする課題が同一であるとはいえないから,当該補正は特許法第17条の2第5項2号(限定的減縮)を目的とするものではないと判断した事案。
不服 2018-010473 日本語(PDF) 英語(PDF) 補正、進歩性 審判請求時の補正を、補正後の特許請求の範囲の記載が特許法第36条6項2号の要件を満たしていないから独立特許要件を満たさないとして却下した上で、補正前の本願発明の進歩性を否定することはできないとして、原査定を取り消した事案。
不服 2019-003718 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性 ウエアラブル電子デバイスに車両機能の制御を委譲する方法に関し、本願補正発明と引用発明との相違点は、実質的な相違点ではなく、また、仮に実質的な相違点であるとしても、当該相違点に係る構成は引用発明から当業者が容易になし得たものであるとして、新規性及び進歩性を否定した事案。
不服 2019-007148 日本語(PDF) 英語(PDF) 記載要件(特許請求の範囲) 明細書には、発明の課題と課題を解決する手段との関係について記載されておらず、また、出願時の技術常識からも、その関係は明らかでないから、材料組成が特定されていない「電荷輸送性薄膜形成用ワニス」に係る本願発明は、当業者が発明の課題の解決を認識できる範囲のものとはいえないとしてサポート要件違反とした事案。
不服 2019-013639 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性 本願発明(パーキンソン病の進行遅延における使用のための医薬)と引用発明(パーキンソン病の治療のための医薬)との医薬用途の相違点につき、「患者群」及び「用法・用量等の具体的な使用条件」の観点から、両者の医薬用途は実質的な相違点ではない等として、新規性を否定した事案。
異議 2018-700901 日本語(PDF) 英語(PDF) 新規性、進歩性、優先権 優先権主張の妥当性についての申立に基づき、優先権主張は認められないと判断した上で、引用文献を優先日前に頒布されたものと、現実の出願日前で優先日後に頒布されたものとに分けて検討し、一部の請求項について新規性・進歩性を否定した事案。

2. 意匠

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2019-004619 日本語(PDF) 英語(PDF) 本願意匠に係る物品である「アルミニウムインゴット梱包体」は、社会通念上、1つの特定の用途及び機能を有する一物品と認められ、また、その形態は単一と認められるから、本願は一意匠に係る出願であり、意匠法7条の要件を満たすと判断した事案。

3. 商標

分類 審判番号 審決等
(日本語)
審決等
(英語)
要約
不服 2018-003370 日本語(PDF) 英語(PDF) 橙色の色彩のみからなる本願商標は、その指定役務との関係において、一私人による独占使用が妥当でないことに加え、請求人の使用により識別力を獲得したとも認められないから、本願商標は、需要者が何人かの業務に係る役務であることを認識することができない商標であり、商標法3条1項6号に該当するとした事案。

目次へ戻る

2019年度以前分

目次へ戻る

留意点

[更新日 2021年3月16日]

お問い合わせ

特許庁審判部審判課企画班

TEL:03-3581-1101内線:3613

FAX:03-3584-1987

お問い合わせフォーム