• 用語解説

ホーム> 支援情報・活用事例> 一般支援情報> オープンイノベーションポータルサイト

ここから本文です。

オープンイノベーションポータルサイト

オープンイノベーションポータルサイト~特許庁のオープンイノベーションに関する取組をご紹介します~
~特許庁のオープンイノベーションに関する取組をご紹介します~

「研究開発型スタートアップと事業会社のオープンイノベーション促進のためのモデル契約書ver1.0」について

モデル契約書ver1.0の内容とポイント

特許庁と経済産業省は、研究開発型スタートアップと事業会社の連携を促進するため、共同研究契約やライセンス契約などを交渉する際に留意すべきポイントについて解説した『モデル契約書ver1.0』を取りまとめました。
本モデル契約書の主な特徴は次の3点です。

  1. 共同研究開発の連携プロセスの時系列に沿って必要となる、秘密保持契約、PoC(技術検証)契約、共同研究開発契約、ライセンス契約に関するモデル契約書を提示しています。
  2. 仮想の取引事例を設定して、契約書の取り決め内容を具体化することで、交渉の勘所を学ぶことができます。
  3. 契約書の文言の意味を逐条解説で補足することで、当該記載を欠いた場合の法的リスクなど、契約に潜むビジネスリスクへの理解を深めることができます。

モデル契約書_秘密保持契約書(新素材)

モデル契約書_PoC契約書(新素材)

モデル契約書_共同研究開発契約書(新素材)

モデル契約書_ライセンス契約書(新素材)

特許情報を活用したビジネスマッチングレポート

特許庁では、オープンイノベーションを促進するための具体的なツールとして、特許情報を活用したビジネスマッチングレポートを開発しました。
過去2年間にわたり、100社以上の中小ベンチャー企業、大学等に同レポートを提供し、大企業等の事業会社のマッチングを実際にアレンジするなどして、その効果を検証しました。

詳細は事業連携に有効なマッチングツールを紹介します!をご覧ください。

参考資料

【パンフレット】知財を使った企業連携4つのポイント(2018年6月作成)

オープンイノベーション・企業連携における技術取引や知的財産に係るリスクを事例で分かり易く解説し、リスクを回避するためのポイントを示しています。TVドラマ化もされた小説『陸王』(池井戸潤著/集英社刊)から「企業連携の成功と失敗」を知財の切り口で解説したコラムも掲載しています。

パンフレットはこちらから

(図)パンフレット表紙イメージ(知財を使った企業連携4つのポイント)

【令和元年度実務者向け説明会】オープンイノベーションにおける知財リスクについて

【広報誌とっきょ】vol.41(2019年2・3月号)

[更新日 2020年8月17日]

お問い合わせ

特許庁オープンイノベーション推進プロジェクトチーム

電話:03-3581-1101 内線2562

お問い合わせフォーム